メールアドレスの聞かれ方  

メールアドレスの聞かれ方

■男性からメールアドレスを聞かれる方法。好きな男性にメアドを聞かれたい!メールアドレスを聞いてもらうには?

男性にメールアドレスを聞いてもらうには?


1.男性の心理状態
@連絡先を聞いて断られるのが恐い!

■男性は、気になる女性のメールアドレスを聞きたい。

が、それと同じくらい、もしくはそれ以上に、女性にメールアドレスを聞いて断られるのが恐い。

女性を好きであれば好きであるほど、聞くのが恐くなる。それが男性心理。


女性が男性にメアドを聞いて、男性から断られるのが恐いように、男性も、女性からメアド交換を断られるのが恐いのですね。
男はプライドの生き物でもあるのに、メアド交換を断られたりしたら、プライドもズタズタになりますしね。



A2タイプの男性
■女性にメールアドレスを恐れずに聞けるのは、一部の男性のみ。

ほとんどの男性は、女性が思っている以上に、女性にメールアドレスを聞くのが恐い。聞いて断られるのが恐い。

男性は女性のメルアドをゲットしたいのだが、断られるのが恐くて、女性にメアドを聞けない。

そのようなことも関係しているのか。
男性達は、女性にメアドを聞けず1人で寂しくて、でも女性と関わりたくて・・・しょうがないから、夜のお店にお金を払って、女性と会話したりと、女性と関わろうとするのかもしれない。



2.男性にメールアドレスを聞いてもらうには?
@好意をもっていることを大袈裟に伝える
■男性は、女性の言動を勘違いしやすい生き物だが、いざ、メールアドレスを聞く段階になると、「いや、でも・・やっぱり彼女は俺のこと、なんとも思っていないかもしれない。断られるくらいなら聞かないほうがましだな・・また、今度にしよう・・」と、怖気ついてしまう。

そのため、大袈裟に好意をもっていることを彼に伝えよう。
どんなに鈍感な男性でも、「さすがにわかるでしょ?」というくらい、男性に好意をもっていることを伝えるのがポイント。

男性が、女性のメールアドレスを聞く勇気が湧いてくるのは、【「女性が自分に好意をもっている」と、自信がもてたとき】【酒の力を借りたとき】のようです。



A好意の伝え方
会話編
@女性→「○○さん、やさしいですよね。○○さんの彼女が羨ましいです。」

A女性→「え〜、彼女いないんですか?・・いそうなのに・・。」

B女性→「この中(男性数名の中)だと、○○さんが1番良いかも。」
(合コンでの好意の伝え方)

その他、{恋愛系の質問を積極的にする}のも効果的。



B2人きりになる状況を作る
■男が、女性にメールアドレスを聞けない理由の大きな1つに、「周りの人に、メールアドレスを聞いているところを見られたくない。特に、断られるところを見られるくらいなら、バンジージャンプするほうがマシ!」というのがある。


そのため、2人きりになれる状況を作ってあげる。

例えば、合コンなら「トイレにたつ」「酔ったから夜風に少しあたってくる。で、外にでる」などをし、男性が2人きりの状況を作りやすくしてあげる。







C2人きりの状況なのに、聞いてこない場合は・・
■2人きりの状況なのに、聞いてこない場合、もう一押ししてみよう。
携帯画面を確認しながら・・

女性→「私の携帯、ホント鳴らないなぁ〜」

男性→「そっか、でも俺もならないなぁ。○○さんはいつから彼氏いないの?」

女性→「えっとね、・・」

と、言うことで、男女の恋愛の会話をスタートさせよう。

それでも聞いてこない場合は、「ねえねえ、また恋愛相談にのってくる?メルアド聞いて良い?」と、言ってみよう。

相手が彼女がいなくて、且つ、2人きりで恋愛の会話をするようなら、メルアドを聞いて断られる可能性は低い。

男性も「メルアドすら教えたくない!」と思っている女性と、2人きりで、恋愛の話なんてしませんから。

上記は、かなり積極的な方法でもあるが、ここまでしないと、女性にメルアドを聞くことが出来ない男性も、世の中にはたくさんいるようです。

そして、そんな奥手な男性の中に、根が良い{浮気なんてしない}、彼女/妻のことだけを健気に愛する素敵な男性も多そうです。。


奥手な男性にとって、1番恐くて嫌な部分は
「メールアドレスを聞くとき」
「デートに誘うとき」
「告白をするとき」
のようです。
そこを女性側が、上手くフォローしてあげると、関係が上手くいく可能性も高まりそうです。
本来ならば、男性がもっと積極的に行かないといけないのですが・・。


〜メールアドレスの聞かれ方/恋愛・婚活男塾〜
<writer 名無き仙人>





クス男「女性にメルアド聞くのって、勇気いるもんなぁ。」


クス子「聞きたいけど、聞けないジレンマなんだ〜。」


仙「多くの男性は、女性が思っている以上に、メルアドを聞くのが恐いのじゃよ。好意を大袈裟に伝えることで、男性に、アドレスを聞く勇気を与えることを意識するのも良さそうじゃのぉ。それと、2人きりになれる環境作りも大事じゃよ。」