彼氏・男性に甘えたい   

彼氏・男性に甘えたい

■男性や彼氏に甘えるのが下手/甘え上手になるには?方法。夫・旦那への上手な甘え方とは?恋愛/婚活講座。

彼氏・男性に甘えたい/男女の心理


1.彼氏・男性に甘えたい/男女の心理
@依存と自立/男女の心理

■女性ならば誰しも「頼れる彼氏、男性に、甘えてみたい。」とも思うことがありますよね。
しかし、「恋人に甘えてみたい。」という心理は、男性も、もっている心理なようです。

私達は赤ちゃんの頃、男性も女性も、依存状態でした。
人間の子供は、親に依存し、親に甘えて、親に世話してもらわないと、生きていけないからです。
これは、男(の子)でも、そうですよね。

そして男性達は「男なら、しっかりしなさい!」「男なら、自立しろ!」などと、親から世間から、暗黙の強制を受ける形で・・また女性達の「男性には、しっかりしてもらいたい。自立した男性が好き!」というニーズに応える形で・・男性達は、思春期の頃から大人になる段階で、{自立した頼れる、しっかりした俺}を目指し、頑張り始めるようです。

その後、大人になった後は、頑張って背伸びしてまで{自立した頼れる、しっかりした俺}を演じ始める場合もあるようです。
でなければ、世間体も悪いですし、女性からも、モテないからでしょう。

だからこそ一見、男性達は、{自立した頼れる、しっかりした人}に見えることもありそうです。
スーツを着て、テキパキと仕事している姿などからは、甘えた部分が想像できません。
が、そんな頼れそうな男性達も、元を辿れば・・親に依存し、親に甘えて、親に世話してもらって生きてきた、依存型の生物でもあるわけです。

だからこそ、個人差はあるものの、「恋人に甘えてみたい。」という心理は、男性も、もっている心理であるようなのです。
男女問わず、人間という生物は、元々、親に依存し、親に甘えて、親に世話してもらって生きてきた、依存型の生物でもあるからでしょう。


そして、ここからが肝心なのですが・・
私達は、男女問わず、自分の中に{自立した、しっかりした私or俺}をもっていますし、自分の中に{依存した、甘えん坊の私or俺}も、もっているようなのです。

そして、そのどちらの傾向が出てくるか?は、相手との関係性によって、決まるようなのです。

例えば、2人で居酒屋に行ったとします。
一緒に呑みに行っていた友達or恋人が、泥酔してしまい、フラフラな状態で、何度もはいて、大変な状態になったとします。
この場合、頼れそうもない泥酔した友人or恋人を見て、私達は「自分がしっかりしなきゃ!」と無意識的に思います。

すると、私達の中にある{自立した、しっかりした私or俺}が、現れてきて、自分もお酒に酔ってはいるのだけれども、しっかりと頑張り、友人or恋人を介抱することになります。
そして泥酔した友人or恋人は、相手のしっかりした態度に安心するのか?、、{依存した、甘えん坊の私or俺}が出てきて、任せきりとなるようです。


例えば、2姉妹がいるとします。
この場合、姉も妹も、自分の中に{自立した、しっかりした私}をもっていますし、自分の中に{依存した、甘えん坊の私}も、もっているようです。
そして、そのどちらの傾向が出てくるか?は、相手との関係性によって、決まるようなのです。

妹が甘えん坊の場合、姉は「自分がしっかりしなきゃ!」と無意識的に思います。
すると、姉の中にある{自立した、しっかりした私}が、現れてきて、しっかりと頑張る、自立したお姉ちゃんとなっていく傾向にあるようです。
そして妹は、姉のしっかりした態度に安心するのか?、、{依存した、甘えん坊の私}が出てきて、さらに甘えん坊の妹となっていく傾向にあるようです。

また、姉が頼りなく甘えん坊である場合、妹は年下ながら「自分がしっかりしなきゃ!」と無意識的に思います。
すると、妹の中にある{自立した、しっかりした私}が、現れてきて、しっかりと頑張る、自立した妹となっていく傾向にあるようです。
そして姉は、妹のしっかりした態度に安心するのか?、、{依存した、甘えん坊の私}が出てきて、さらに甘えん坊の‘お姉ちゃん’となっていく傾向にあるようです。


このように、私達は誰しも、自分の中に{自立した、しっかりした私or俺}をもっていますし、自分の中に{依存した、甘えん坊の私or俺}も、もっているようで・・そのどちらの傾向が出てくるか?は、相手との関係性によって、決まるようなのです。


そのため、彼氏・旦那となった男性が、甘えん坊タイプの男性であれば、彼女・妻は「私が、しっかりしなきゃ!」と思い始め、自分の中にある{自立した、しっかりした私}が引き出されることになり、強い自立した彼女・妻と、依存型の甘えた彼氏・旦那・・というカップルになる場合もあるようです。

もしくは、女性側が、自立したしっかりタイプの女性であれば、彼氏・旦那は「俺が、しっかりする必要はないな。妻に任せておけば良いや。」と思い始め、彼氏・夫の中にある{依存した、甘えん坊の俺}が引き出されることになり、強い自立した彼女・妻と、依存型の甘えた彼氏・旦那・・というカップルになる場合もあるようです。


このような人間関係の力学が存在するからこそ、「頼れる彼氏、男性に、甘えてみたい。」と思う場合。
その場合は、「自立と依存のバランスを保つ」が、必要となってくるのかもしれません。



A上手な甘え方とは? 〜彼氏・男性に甘えたい/男女の心理〜
■女性ならば誰しも「頼れる彼氏、男性に、甘えてみたい。」とも思うことがありますよね。
しかし、「恋人に甘えてみたい。」という心理は、男性も、もっている心理であるようなのです。

そのため、女性側が、過度・過剰に{自立/しっかり}の傾向をもっていると、そんな女性と対面した男性達は、人間関係の力学によって、{依存した、甘えん坊の俺}が引き出されることになってしまい、自然と、その女性に対しては、甘えた態度や依存した態度で、接してしまうことになるようです。

女性側が、過度・過剰に{自立/しっかり}の傾向をもっているにも関わらず、それでも、{依存した、甘えん坊の俺}が引き出されない男性は・・
そのような女性以上に、過度・過剰に{自立/しっかり}の傾向をもっているか、もしくは、人間関係の力学から自由になっており、いつもマイペースでバランスよく自然体で人と接することの出来る男性くらい・・なのかもしれません。


つまり、「いつも、私は男性から頼られてしまう。」「私はいつも、お母さんキャラ、姉御キャラになってしまう。・・本当は、甘えた娘キャラになって、男性に甘えてみたいのに。」と悩む場合。
それは、男性達が甘えん坊ばかりだからではなく、{自立/しっかり}の傾向をもっている女性と対面した男性達が、人間関係の力学によって、無意識のうちに{依存した、甘えん坊の俺}が引き出されることになってしまっているからなのかもしれません。

だからこそ、女性側が、無意識のうちに「自立した、しっかりした女性でいなきゃ!」と思い込んでいる思い込みから自由となり・・「自立と依存のバランスを保つ」をするようになり、過度・過剰な{自立/しっかり}の傾向を手放すと・・
自立と依存のバランスが取れた女性と対面した男性達は、{依存した、甘えん坊の俺}が引き出されることがないため、依存した甘えん坊にはならず・・そのため女性も、男性に、甘えやすくなることでしょう。



どうして、「自立した、しっかりした女性でいなきゃ!」と強く思い込んでいるのでしょうか?そのように考え始めたキッカケは?

どうして「自立した、しっかりした女性でいれば、愛される!」と強く思い込んでいるのでしょうか?そのように考え始めたキッカケは?

どうして「私がしっかりしなきゃ、この関係(恋人関係・夫婦関係・友人関係等)は、崩れてしまう!」と思い込み、1人で責任を背負い込み、奮闘しているのでしょうか?

頑張っている素晴らしい貴女に必要なことは、さらに頑張ることではなく・・、お互いに頼り合う、相互依存の関係を、構築していくことなのかもしれません。

1人、奮闘して頑張っている‘私’が、すぅ〜と肩の力を抜き、自然体になれば・・・依存気味だったパートナーから、自発性や自立心が引き出され始めるのですから、人間関係の力学とは、不思議なものですよね。





Bまとめ 〜彼氏・男性に甘えたい/男女の心理〜
■女性ならば誰しも「頼れる彼氏、男性に、甘えてみたい。」とも思うことがありますよね。

そして、だからといって、過度・過剰に男性側に依存し甘えると・・女性に過度・過剰に頼られた男性達は「俺が、しっかりしなきゃ!」と強く思い始め・・・
{自立した、しっかりした俺}が引き出され・・しかし、それが過度・過剰なものであれば、男性側も疲れてしまい、2人の関係が、長く良好なものでい続けることが、出来なくなる場合もあるようです。

彼女・妻から頼られるからと、「俺が、しっかりしなきゃ!」と強く思い始め{自立した、しっかりした俺}で、過度・過剰にずっと頑張り続けるのは、男性達にとっても、きつい時がありますものね。

「恋人に甘えてみたい。」という心理は、男性も、もっている心理であるようです。
そして、男性が「甘えてみたいなぁ。」という気持ちを表に出せるのは、付き合っている彼女や、結婚した妻に、「自立と依存のバランス」が取れている必要があるようです。

過度・過剰に甘え&依存傾向にある女性には、男性達も、「甘えてみたいなぁ。」という気持ちを表に出せないのですね。

「恋人に甘えてみたい。」という心理は、男性も、もっている心理であるため、「甘えてみたいなぁ。」という気持ちも、たまには表に出せる「自立と依存のバランス」が取れている女性(彼女・妻)は、男性達から大切にされる傾向があるようです。
その理由は、男性だって、たまには恋人に甘えたい時もありますし・・また、そのような、バランスが取れている女性を、男性達は「イイ女!」と、無意識のうちに評価するからでしょうか。


過剰に{甘えた女&依存女}になるでもなく、過度に{自立女&しっかり女}になりすぎることもなく・・「自立と依存のバランス」を大切にし、愛する人と、素敵な関係をコツコツと築いていけると良いですよね。

〜彼氏・男性に甘えたい/男女の心理〜
<writer 名無き仙人>





クス男「彼氏・男性に甘えたい/男女の心理かぁ。僕は甘えたいなぁ。」


クス子「クス男さんみたいな甘え傾向にある男性と付き合うと、女性の中にある{自立した、しっかりした私}の傾向が引き出されることになり、強い自立した彼女・妻と、依存型の甘えた彼氏・旦那・・というカップルになる場合もあるのね。」


仙人「そして、自立した、しっかりした男性と付き合うと、女性の中にある{依存した、甘えん坊の私}の傾向が引き出されることになり、強い自立した彼氏・夫と、依存型の甘えた彼女・妻・・というカップルになる場合もあるのじゃよ。」


関連追いかける恋愛/逃げる男(追うと逃げられる/人間関係の力学)
束縛する彼氏の心理(信頼と人間関係の力学)
素敵な大人の女性になるには(9つの条件/バランス感覚)
彼氏と距離を置く/恋愛の距離感(自立と依存のバランス)
恋愛運アップ方法(素敵な男性を引き寄せる女になる!)
夫向きの男性タイプ(男性診断6つの観点)