付き合いたい男性がいる 

付き合いたい男性がいる

■付き合いたい男性がいる女性へ。好きな男性と交際するには?方法。好きな男性と付き合うには?方法。付き合うキッカケ

付き合いたい男性がいる


1.好きな男性と付き合う方法
@女性の役目と男性心理

■現在、好きな男性がいて、その男性とお付き合いしたいと思っている女性は多い。
そして、その多くの女性達は、その好きな男性のことを考えて毎日を過すが、具体的に、自分から行動をおこすことは、ほとんどしない。

本来であれば、男性の方からアプローチすべきですしね。

しかし、
男性も「男の方から積極的にアプローチすべきだ。」とは知っているものの、傷つくのが恐いため、女性に積極的にアプローチすることができないようなのです。

男性も、傷つくのが恐いのですね。
男だって、自分から女性にアプローチしていき、断られるのが恐いのです。

男も、積極的に女性にアプローチして断られ、後から女子会の場などで、「えぇ。名無き君って、ミキにそんな風にアプローチしてきだんだぁ。」などと振られた上に噂されるのが、恐いし嫌なのです。男のプライドが傷つきますから・・。


そんな男達は、ある程度【お付き合いできる見込み】がないと、普通は自分からは動かないようです。

男性も、付き合える確率が5割程度ないと、好きな女性がいてもアプローチしないのですね。
男だって負け戦だとわかっていて、戦いを挑んだりはしないようです。

そんな男性達を恋愛対象として相手し、その中から「お付き合いしたい男性」が見つかる現在の女性の場合・・
自分の好意(好きな気持ち)を積極的に男性に伝えることも重要になってきそうです。

昔ならば、ほっといても男性の方から言い寄ってくることもあったかもしれませんが、現在の男性達は、{女性に拒絶されるリスク}を背負ってまで、女性にアプローチしようとしないのかもしれません。

だからでしょう。
プライドの高そうな美人女性にアプローチする男性が少ないのは。

プライドの高そうな美人女性は、男から見ると、自分みたいな駄目男の場合、拒絶される確率が高そうだから、皆、敬遠するのです。

美人の女性と付き合える可能性を追いかけることより、自分が傷つかない方を選ぶのが、現在の男性なのかもしれません。


さあ、積極的に好きな男性に「あなたのことが好きよ!」と好意を伝えましょう。

男という生き物は、女性に比べ鈍感ですから、女の感覚からしてみれば「ちょっとやりすぎじゃない?」と思うくらい、好き好きビームやオーラを出しても、良いのかもしれません。

恋愛において
最初にちょっかいをだして、誘うのは女性の役目でも、あるのかもしれません。

普通は声をかけたり、アドレスを聞いたり、デートに誘ったりするのは男性が行いますが、その男性の行動の以前に、実は女性が・・
「目で誘う」
「声で誘う」
「表情で誘う」
「態度で誘惑する」
という、ちょっかいや誘いを入れることで、それでやっと男性も、「おっ。なんかイケそう・・。」と思い、勇気を出して声をかけたり、アドレスを聞いたり、デートに誘ったりと、している場合も多いようです。

最初に女性が、
「目で誘う」
「声で誘う」
「表情で誘う」
「態度で誘惑する」
という、ちょっかいや誘いを入れることで、男性は「おっ。なんかイケそう・・。」「この女性なら、アプローチしても拒絶されない気がする・・。」と思うのですね。
つまり、女性から拒絶される恐怖が薄まるため、積極的になれるわけです。


男性にモテる女性は、自然と無意識レベルで【ちょっかいや誘いを入れる】をしているのかもしれません。

一方、男性からモテない女性は、
「目で誘う」
「声で誘う」
「表情で誘う」
「態度で誘惑する」
という、ちょっかいや誘いを入れることをせずに、ひたすら男性からアプローチされるのをじっと待っているのかもしれません。

最初にちょっかいをだして、誘うのは女性の役目なのに、その女としての役目を果たさず、じっと待って、「私はモテないから・・。」と言っているのかもしれません。


さあ、好きで付き合いたい男性がいる場合、積極的に好意を伝えましょう。

それは、目でも態度でも、声でも、実際にプレゼントあげるという行為でも、友達伝いで、その好きな男性に好意をもっていることを伝えてもらっても良さそうです。

そのくらいしても、良いのかもしれません。
ゆとり環境の中、ママや先生達から大切に育てられ、甘やかされて育ってきている現在の男性達は、異性である女性から拒絶されるのが恐いようです。

ある程度は勝算がないと、勝負にでようとしないようです。







え?
「私の方から男性にアプローチしたら、男性が逃げていく」ですって?

そのような場合もありますが、それでも、女性が男性に好意を伝えるのは、大切なことのようなのです。
その理由は愛される女の条件で。

〜付き合いたい男性がいる/恋愛・婚活講座〜
<writer 名無き仙人>





クス男「僕は【付き合いたい女性がいる男性へ】って記事が読みたいよ・・。」


クス子「ふ〜ん。最初に誘うのって、男の役目かと思ってたいけど、実は女性の役目なのねぇ。」


仙「決定的な部分。つまり告白じゃったり、結婚の申し入れじゃったりは、男性が行うことになるじゃろうが、他のことに関して大抵の部分、女性が先に誘うものなんじゃよ。男性は、その女性の誘惑に誘われて、それでフラフラと女性のペースに流されて{女性にアドレスを聞く}{デートを誘う}などと、行動を起こしていくものなんじゃよ。」