女性の合コンのコツ  

女性の合コンのコツ

■女性の合コンのコツ。女性が合コンで素敵な男性と出会うには?女性の合コンでの振舞い・会話内容。

女性の合コンのコツ


1.期待しないこと
@相手はたったの3人
■合コンは、直接会って相手の雰囲気や、お互いのフィーリングを確かめることができ、且つ、相手男性の、集団のなかでの立ち振る舞いも確認することができ、メリットの多い婚活の出会い方法の1つ。

しかし、1度の合コンで出会える男性の数は2〜3人。たった2〜3人なんです。



A2〜3人の男性が、自分のことを丁度好みな確率
■合コンに参加しているたった2〜3人の男性が、たまたま自分(‘私’)を好みである確率は低い。男性も当然、自分の好みでない女性に、アピールしたり、言い寄ったりはしない。

そのため、合コンに行っても、結局上手くいかないケースは、実際のところ多い。上手く行くケースというのは、たった2〜3人の出会いのなかで、たまたま2〜3人の男性の中に、自分の好みの男性がいて、且つ、その男性が、自分のことを丁度、好みである場合。これは低い確率。

※「ちょっとしたサラダのとりわけ」「ドリンクを頼んであげる」などの行為は、{好み}の問題からしたらホンノ些細なこと。
どんなに頑張っても、男性の好みが、自分ではなかったら、男性は自分(私)に振り向きはしない。



B恋愛は相対評価
■皆、本能的に知っているが、恋愛は相対評価。つまり、合コンに参加した同性のなかで1番可愛い素敵な女性に、男性の好意は集中する。

男性は、合コンに来ている女性メンバーを相対的に評価し、そのなかで1番素敵な女性に狙いを絞りがち。

相対評価のため、自分が結構イケてても、自分より可愛い素敵な女性がいた場合、男性は皆、そちらの女性に集中しがち。
お見合いパーティーなどもでもそう。







C最初から過度の期待は禁物
■合コンは、婚活の出会いの王道だが、それでも過度の期待は禁物。

男性の好意が、自分の隣の女性に集中しても、それはたまたま、その男性の好みが隣の女性だっただけ。「私なんてやっぱり・・」などと思わないようにしよう。
好みに合わない場合は多くあるし、好みに合わなければしょうがない。
たった2〜3人の出会いなので、好みに合わないことのほうが多い。これは男女共通して言えること。

人それぞれ向き・不向きはある。合コンに向いている人もいれば、合コンに向いていない人もいる。婚活の基本は、自分に向いている婚活の出会いスタイルを選ぶこと。
合コンに向いていない場合は、合コンだけにこだわらず、新しい出会いの形も検討してみては?
関連出会いの方法一覧


合コンは「楽しくお酒を飲む場所」程度に、軽く構えるのも良さそう。
女性もそうだが、男性も、彼女もちや、時には奥さんや子供がいるのに、合コンに参加する男性もいる。。

そのような男性の中には「俺、彼女いないよ。」と、嘘をつく男性も。嘘と知らずにそんな男性に好意をもってしまったら、自分が傷つくことも。

合コンは出会いの場としては1番有名だが、いろいろな目的をもった男性が参加しますし、たまたま素敵な人と出会える確率は低いのですから、過度な期待は禁物なのかもしれません。


〜女性の合コンのコツ/恋愛・婚活講座〜
<writer 名無き仙人>





クス男「合コンかぁ。」


クス子「素敵な出会いがあるといいわね。」


仙「なかなか上手くいかないこともあるが・・コツコツと、楽しみつつも婚活に取り組んでいけると良いのぉ。」