下心/体目当て男の特徴    

下心/体目的男の特徴

■下心からの体目的・体目当て男性の特徴・行動・心理とは?悪い男に利用され騙されない方法。結婚、婚活、恋愛。

下心/体目当て男の特徴


1.下心/体目当て男の見抜き方
@下心ある悪い男を見分けるには?

■男性が女性に近づく際には、下心/体目当て・・つまり性的な欲求が含まれているのは、ある意味、当然であり・・女性としても、彼の性的な欲が、嫌なわけではありませんよね。
愛する彼に下心がまったくなく、‘私(女性)’の体を一切求めてくれない状況は、それはそれで、困りもしますよね。

ただ、性的な欲を満たすため
だけに近寄ってくる男性と関わってしまい、その後、体だけ、もて遊ばれて利用され、捨てられることになるのは、嫌ですよね。

つまり、「下心があるかどうか?」ではなく、「下心/体目的
だけで‘私(女性)’に近づいてきているのか?それとも、本気で好きだから‘私(女性)’に近づいてきているのか?」を、女性としては見分けたいですよね。


さて、下心/体目当てだけで女性に近づいていく男性には、いくつか特徴があるようです。
まずは{下心/体目的男}の特徴を見ていきましょう。
その後に、「悪い男に利用されない女性になる方法」を見ていきたいと思います。



A体目当て男の特徴〜下心・体目当て・体目的男の見分け方〜
■体だけを目当てに、女性にアプローチしていく男性には、以下のような特徴があるようです。


@女性慣れしている
→女性慣れしていない男性ほど、ピュアな傾向があるのでしょうか。
男性は、恋愛経験が乏しく女性に慣れていない段階では「ふっふっふ。女を、巧みに利用しよう。」とは、思えない場合が多いようです。
そのため、体目的/体目当てで、女性に近寄る男性は、えてして、恋愛経験を積んできている{女性慣れした男}である場合が、ほとんどのようです。
※もちろん、女性慣れしている男性の全てが、体目的/体目当てで、女性に近寄るわけではありません。{女性慣れした男}の中でも、一部の男性のようです。

「女性慣れしているかどうか?」は、‘緊張’と‘褒め方’で、ある程度はわかりそうです。

恋愛経験が乏しく女性慣れしていない場合は、女性と対面すると緊張し、気軽に女性のことを褒めることは出来ないようです。
一方、女性慣れしている男性は、女性と対面しても緊張することもなく、気軽に女性を褒めることが出来るようです。


A親しい友人の紹介ではない
→共通の親しい友人の紹介にて知り合った女性に対しては、体目的/体目当てだけで女性に近寄ることは、しないようです。
1度関係をもてば、すぐに別れる魂胆でいるため・・紹介してくれる友人に申し訳ないからでしょうか。


B普段、会わない
→普段会う機会の多い女性よりも、普段は会うことのない女性に対して、アプローチする傾向があるようです。
後々のことまで考えて・・の行動でしょうか。

最初から長く付き合う気がないので、その後が気まず状況になりえる女性に対しては、体目的だけで近づくことを、あまりしないのでしょう。


C誘い方
→連絡先を交換した後、{下心/体目的男}は、女性とメールやり取りをしたいのではなく、女性としたいのですから、すぐに「会おう!」と言ってくる傾向にあるようです。
ただ、男性によっては本気な女性に対しても、すぐに「会おう!」と言う男性もいるため、一概には言えないようです。


E秘密が多い
→{下心/体目的男}は、自分の情報を包み隠す傾向にあるようです。

携帯電話を見せない。住まい/住所を教えない。職場の詳細情報を言わない。
友達にも会わせない。写真は撮らせない・・。

一方、男性側が、これから長きにわたり、女性と良好な信頼関係を築いていこうとしている場合、自分の情報を知って欲しい!という気持ちもあり、男性は包み隠すことなく、自分の詳細情報を教えてくれることでしょう。

秘密の多い男性は、{下心/体目的男}の可能性があるのかもしれません。


F破滅原則
→結局、破滅的な原則「今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ」に沿って生きている男性が、「今、とりあえず俺さえ良ければ良いんだ!」と、女性の幸せを考えずに、利己的な目的にて女性を利用する・・それが{下心/体目的男}なのかもしれません。

一方、破滅原則の対極は繁栄原則「正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/他者の幸せを願う心」であるため、繁栄原則に根ざして生きている男性なら、安心出来そうです。

では、原理原則に照らし合わせて、見てみましょう。

〜原則に照らし合わせる〜
@正直/嘘

→下心だけから、体目的/体目当てだけから、女性に近寄る男性は、女性に対しても「君のこと好きだよ」と嘘をつき、自分自身の良心にも嘘をついている・・とも言えるのかもしれません。
これらのことは、他人に対しても、自分の良心に対しても、正直に生きている男性には、出来そうにありません。

それだけ嘘をつける男性ならば、言動の節々に嘘も現れやすく、また、良心の欠如した行動をとりやすいことでしょう。

些細な嘘が多かったり、良心に反する行動・・「駐車違反スペースに平気で車を停める」「人をバカにする」「ゴミをポイ捨てする」などが多い男性は、あまり信用しにくく、もしかしたら、「君は可愛いよね」「君のこと好きだよ」という言葉も、怪しいのかもしれません。


A誠実/不誠実
→「優しそうな男性」に、女性ならば、ついつい惹かれてしまいますよね。
しかし下心、体目的で近づいてくる男性は、優しいのは女性との・・に飽きるまでで、飽きたら、急に態度が冷たくなることもあるのかもしれません。

これは、「2面性がある」とも言えそうです。
「2面性がある」とは、人や状況次第で態度を変える{不誠実な人間}でもあるのかもしれません。

不誠実な人は、人や状況次第で、とる態度がコロコロと変わっていくことになるようです。その基準は大抵「俺にメリットがあるか?」のようです。
つまり、俺にメリットがあると思われる人に対しては、優しく接し、そうでなければ冷たい対応をし・・と、するわけですね。

そのため、その男性にとって、関わってもメリットのない他者に対する態度を見ていくと、その男性の誠実度がわかる場合もありそうです。


下心、体目的で近づいてくる男性は、フンフンする前の段階では、‘私(女性)’に対しては優しいことでしょう。
他にも、仲の良い友人に対しても、優しいことでしょう。
が、関わってもメリットのない他人・・例えば、普段行かない店の店員に対する態度、前を走る遅い車(の運転手)に対する態度などが、冷たい場合。

男性は、体目目当てで近づいているため、体に飽きれば、相手女性は{俺にとって関わってもメリットのない人間}となるため、手の平を返したように、急に冷たい態度をとることになるのかもしれません。そう。あの前を走っていた遅い車(の運転手)に対する酷い態度をとるかのごとく・・。

そのような意味では、「男性の‘私’に対する態度」だけを見るのではなく、「男性の、全ての人に対する態度」を見ることが大切となってきそうです。
{メリットがある/ない}に関係なく、全ての人に対して、いつも愛の深い優しい態度・行動をとっている男性ならば、たとえ関係となっても、態度が変わることはないことでしょう。

そして、人によって態度を変えたり、利己的な目的のために他人を巧みに操ろうとしたりする不誠実な男性は、同じく、そのような不誠実な人と引かれ合い対立する傾向があるため、{敵対している人間が、いるか?いないか?}によっても、男性の誠実度を測ることが出来そうです。

まとめると、関わってもメリットのない他人に対しては冷たい態度、酷い態度をとる男性で、尚且つ、敵対している人が多いような男性ならば、そのような男性との関わりは、悲しい結末となるのかもしれません。

一方、{メリットがある/ない}に関係なく、全ての人に対して、裏表なく、いつも愛の深い優しい態度・行動をとっていて、尚且つ、敵対している人もいない男性ならば、安心感がある・・と言えるのかもしれません。


B他者の幸せを願う
→他人の幸せを願う心を、ついつい忘れてしまい、他人を{利用する対象}として見始めてしまうと、「俺の欲望を満たすため」だけの目的で、女性を利用しようとし始める場合も、あるのかもしれません。

一方、「他者の幸せを心から願う‘心’」をもっている男性ならば、女性の幸せをも願うからこそ、「俺の欲望を満たすため」だけの目的で、女性を利用しようとは、しないことでしょう。

デートの最中、彼の言動を観察してみて・・彼は、自分さえ良ければ良いんだ!という言動ばかりであれば、いまいち、信用しにくい男性でもあるのかもしれません。

一方、デートの最中、他人の幸せをも願う言動の多い男性であれば、‘私(女性)’の幸せのことまで考えた行動を、とってくれそうです。



B利用されない女性になる〜下心・体目当て・体目的男の見分け方〜
■では最後に、「悪い男に利用されない女性になる方法」を見ていきましょう。

@自尊心/自信をもつ
→下心だけから、体目的/体目当てだけから、女性に近寄ることを考えている男性は、「男性から遊ばれても良いや」と、意識的、もしくは無意識的に考えている女性を見分け、「男性から遊ばれても良いや」と意識的/無意識的に考えている女性に近寄っていくことが多いようです。

そして、自信がなかったり、自尊心が低い女性ほど「男性から遊ばれても良いや」「私なんて、どうせ・・」と意識的/無意識的に考えてしまう傾向にあるようです。

そのため、自信がつく行動、自尊心が高まる行動をし、自尊心を傷つけてしまう行動はとらないことも、大切となりそうです。


Aナンパは無視する
→ナンパは上記の
B普段、会わないに該当する出会い方です。
「出会い方/どんな出会い方か?」は、重要のようです。


B繁栄原則に根ざした女性になる
→「心の傾向が似た者同士が惹かれ合う【引き寄せの法則】」とも関係があるのでしょうか。

繁栄原則「正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/他者の幸せを願う心」に沿って生きている場合は、対極でもある破滅原則「今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ」に沿って生きている人とは、あまりに根底部分にある価値観・原則が異なるためか?
すぅ〜とすれ違うばかりで、関わりをもつ機会が、少なくなるようです。

そのような意味では、繁栄原則に根ざした自分となっていくことも、大切となるのかもしれません。







Bまとめ 〜下心・体目当て・体目的男の見分け方〜
■男女の恋愛では、見返りを求め合うことも少なくないのかもしれません。

破滅原則に根ざした「生き方」をしている状態にて、この{見返りを求めた愛}を、相手にどれだけ与えるか?もしくは、相手から、どれだけ貰えるか?の駆け引きばかりしている場合は、「利用したり、利用されたり」とも、なる場合があるのかもしれません。

一方、繁栄原則にしっかりと根付いた生き方をしつつ、見返りを求めることなく、相手の幸せを心から願いながら愛を与える・・をしていく場合、「利用したり、利用されたり」の世界から、解放されていくことにも、なるのかもしれません。


自信や自尊心を高めることも、繁栄原則に根付いた「生き方」をしていくことも、知識として知っただけですぐに出来るものではなく・・だからこそ、楽しみながらもコツコツと、長期的な視野をももって、心の仙人/仙女修行にも取り組んでいきたいものですよね。

「心の傾向が似た者同士が惹かれ合う【引き寄せの法則】」の影響でしょう。
自分が繁栄原則に根ざした生き方をしている人間になれば、同じく、繁栄原則に根ざした生き方をしている素敵な異性と、惹かれ合う機会も増えそうです。


〜下心・体目当て・体目的男の見分け方/恋愛・婚活講座〜
<writer 名無き仙人>





クス男「下心・体目当て・体目的男の見分け方かぁ。」


クス子「素敵な人との出会いがあるといいなぁ。」


仙人「素敵な男性との出会いがあると良いのぉ。」


関連夫向きの男性タイプ(男性診断6つの観点)
大切にされる女性の条件(繁栄原則に根ざした男性と付き合う)
好きな女性にとる態度(出会い編/メール編/デート編/付き合った後編)
素敵な大人の女性になるには(9つの条件/バランス感覚)
恋愛運アップ方法(素敵な男性を引き寄せる女になる!)
追いかける恋愛/逃げる男(追うと逃げられる/人間関係の力学)