追いかける恋愛/逃げる男   

追いかける恋愛/逃げる男

■「追いかける恋愛が実らないワケ」とは?追うと逃げる男性の心理。追いかける恋愛に疲れた。恋愛・婚活講座

追いかける恋愛/逃げる男


1.追いかける恋愛/逃げる男
@追いかける恋愛が実らないワケ

■初めは男性の方が好意をもってくれていたのに、女性から追いかけ始めると、なぜか男性の{やる気/気持ち}は下がっていき・・結果、恋が実らなかったり、「彼氏から好きだと思われている幸せ感」を得ることが出来なくなったり、、、ということも、ありますよね。

女性から追いかける恋愛が実りにくいのは、どうしてでしょうか?
また、好きな男性から、追いかけられるためにはどうすれば良いのでしょうか?

まずは、男性心理から、見ていきましょう。



A追われると逃げる男性/2つの理由〜追いかける恋愛/逃げる男〜
■女性が追いかけ始めると、男性側の{やる気/気持ち}が下がっていく理由には「人間関係の力学」と「男としてのプライド/自尊心」が影響しているようです。順に見ていきましょう。


@人間関係の力学〜追いかける恋愛/逃げる男〜
→まず、「人間関係の力学」について、です。
最初に2つのポイントを見ていきます。

〜ポイント1〜
→男女が交際する場合、男女どちらともが受身になってしまうと、交際自体が、成り立たなくなり、自然消滅してしまう気も、しないでもありません。
そのため通常、男女どちらかが「相手を追いかける役目」を担うことになるようです。

★逃げる役→男女が対面し恋愛関係をもつ場合。その2人を比較し、「積極性/自発性/やる気」に欠ける側は、受身傾向が引き出されることになり、逃げる役を担うことになる。

★追いかけ役→恋愛関係に突入した男女を比較した場合、「積極性/自発性/やる気」の強い方が、「相手を追いかける役目」を担うことになる。


〜ポイント2〜
→私達は、「相手から追いかけられる→相手は自分に惚れている」と意識的もしくは無意識的に感じることになるようです。
そして、だからこそ、相手から追いかけられないと「相手は、自分のことを好きではないのでは?」と心配になるようです。
また、「俺or私が頑張って追いかけないと、2人の関係は自然消滅してしまう!」と心配することにもなるようです。

これらを、男性心理で見てみます。

最初に
★女性から追われる男性の心理★です。
「相手の女性は、俺のことを追いかけてくる。ということは、彼女は俺に惚れているんだろう。だから、俺が彼女を積極的に追わなくても、2人の関係は自然消滅することはないだろう。よって、俺が積極的に頑張る必要は、なさそうだ。彼女に任せよう。」

→女性から追われる男性は上記のように思い、だからこそ安心して、「まあ、付き合いたくなったら、一言「付き合おう」と言えば付き合えそうだし、焦ることもないよね。」と思い、女性のことを追いかけもしないし、また、「俺は、1人の女性から惚れられているイイ男なんだ!俺は、イケてるんだ!」という自信をもち、{あわよくば精神}が芽生え、他の女性に手を出し始めたりもすることが、あるようです。

すると女性側は、男性側が「追いかけてくれないこと」にも「振り向いてくれないこと」にも「情熱/やる気を感じないこと」にも心配になり、心配になるからこそ、もっと男性のことを積極的に追いかけることになり・・「積極性/自発性/やる気」の強い女性と対面した男性は、受身傾向が引き出されることになり、さらに受身がちとなり、・・すると益々、女性側は、男性側が「追いかけてくれないこと」にも「振り向いてくれないこと」にも「情熱/やる気を感じないこと」にも心配になり、心配になるからこそ、さらに男性のことを積極的に追いかけ始め・・と、男性側が「逃げる役」となり、女性側が「追いかけ役」を担うこととなり、2人は{追いかけるー逃げる}の恋愛ゲームを続けることにもなる場合があるようです。


では次は
★女性から追われない男性の心理★です。
「相手の女性は、俺のことを追いかけてこない。じゃあ彼女は俺のことを、そこまで好きではないのかもしれない。ということは、俺が彼女のことを放置していたら、2人の関係は自然消滅しそうだ。また、彼女は他の男の元に行くかもしれない。俺が頑張らないと、2人の関係は消滅してしまう!」

→女性から追われない男性は上記のように思い、だからこそ心配になって、女性のことを追いかけるようになり、すると女性側は、男性から追われることで「私、彼から愛されている!惚れられている!」と安心し、余裕が生まれ、余裕があるからこそ、自分から無理してまで男性に連絡をとらず・・すると男性側は「彼女からは連絡が来ない。ということは、俺から積極的に連絡をとらなきゃ、2人の関係は自然消滅してしまう!」と思うことになり、さらに積極的に女性を追いかけることになり・・

男性から追われる女性は、余裕があるからこそ、無理してまで予定等を男性の都合に合わせなくもなり、「ごめん、その日は先約があるの。また、次の機会に誘って♪」とデートを断ったりもして・・すると男性側は、「そっか。予定があったのか。残念だが、これにめげていては駄目だ。多分、彼女からは連絡が来ないため、俺から積極的に連絡しないと、2人の関係は自然消滅してしまう!」と思うことになり、もっと積極的に女性を追いかけることになり・・と、女性側が「逃げる役」となり、男性側が「追いかけ役」を担うこととなり、2人は{追いかけるー逃げる}の恋愛ゲームを続けることにもなる場合があるようです。

愛する女性を追いかける男性は、自分がそうだからこそ・・・「好きな人が出来ると、好きだからこそ追いかけたくなるよね、普通。それなのに、相手の女性は俺のことを追いかけてくれない。ということは、彼女は俺のことを好きではないのか?じゃあ、俺から積極的に連絡とらなきゃ、2人の関係は、自然消滅してしまう!」と思い、より自発的に、頑張ることになるのですね。



上記2つのポイントのとおり、恋愛関係に突入した男女を比較した際、より「積極性/自発性/やる気」が強い方が「追いかけ役」となり、だからこそ、もう一方が「逃げる役」を担うこととなり・・・2人は{追いかけるー逃げる}の恋愛ゲームを開始する場合もあるようなのです。

この{追いかけるー逃げる}の恋愛ゲームを辞めて、もっと2人ともが、安心して幸せな関係を作っていくためには、「追いかけ役」と「逃げる役」の、バランスをとる必要がありそうです。


{追いかける恋が好きな、積極的な女性}と恋愛をすることになった男性は、人間関係の力学/パワーバランスの関係か?
自発性/積極性が削られ、「逃げる役」を担うことになってしまうことも、あるようです。


・・私達は、対面した相手が、やる気に満ちた自発的で積極的な人なら、自分は自発性や積極性が削られ、受身傾向となってしまう場合もあるようです。
これは恋愛に限らず、男同士でも、そのようです。

例えば、水色の服を着ている私(名無き仙人)は、積極的で自発的で、やる気に満ちているオレンジ色の服を着ているA君と会うと、なぜか自発性や積極性が削られ、「A君に任せるよ。俺は、なんでも良いよ・・。」と受身傾向となってしまいます。


一方、自分よりも受身傾向の強いB君と会うと、なぜか、私は頑張らないといけないような気もして、「B君、もっとやる気を出そうよ。今度は、アッチに行ってようよ。さぁ、さぁ。」と、積極的で自発的な人間となってしまう傾向にあります。


このように、対面している相手次第で、私達は「自発的/積極的」になったり、「受身的」になったり、することになるようです。

だからでしょう。
受身的な彼女の前では、「元気出していこうぜ!今度は、あっちに行ってみようよ?」と積極的な男性(31歳)でも、男性以上に積極的でパワフルな母親(57歳)の前では、「はい、はい。わかってるよ母ちゃん。母ちゃんの予定に合わせるよ。はぁ・・。」と、消極的になったりも、するようです。
対面している相手次第で、私達は「自発的/積極的」になったり、「受身的」になったり、するのですね。


だからこそ、ついつい‘私(女性)’が恋に燃え上がり、積極的になりすぎて・・そんな、やる気に満ちた‘私(女性)’と対面したことで、自発性/積極性が削られ、「逃げる役」を担うことになってしまった男性に対しては、今度は‘私(女性)’が、少しトークダウンし受身的な彼に優しく寄り添ってあげると・・男性側は、受身的となり「逃げる役」を担う必要がなくなってきて、だからこそ積極性/自発性も増してきて、2人の間でバランスが取れ始めることにも、なりそうです。


さて一方。
{相手が受身傾向の女性だから}、もしくは{‘俺(男性)’が積極的だから}・・の、どちらか?は、わかりませんが、「追いかけ役」を担うことになっている男性は、心配なのですね。

「俺が頑張って追いかけないと、2人の関係は自然消滅してしまう!」と心配になり、不安に思っているからこそ追いかけてくる男性が、欲しいのは、「女性からも積極的にされることで感じる{相手の女性も俺のことを好きなんだ!}という実感」でも、あるようです。

男性は、女性の愛を実感したいのですね。
で、男性が、女性から「愛されている!」と実感出来る形の1つが、「女性からも連絡がくる」などであるため、女性側が「追いかけ役」も担ってあげて、「今日も天気良いね♪お仕事、お疲れ様。」などと、たまには女性からメールを送ってあげれば、男性は「今、仕事終わったよ。疲れた〜。ミキも仕事終わったかな?」などと、普通にメール返信をしてくるでしょうが、でも無意識レベルでは{彼女から連絡が来た。つまり彼女も俺に気持ちをもってくれているんだ。じゃあ、俺が過度・過剰に頑張り続けなくても、2人の関係は自然消滅しない。}と安心出来ることになり・・その結果、彼の恋の情熱が短期間で燃え尽きてしまうことも防げるでしょうし、また彼も安心することができ、彼はもっと自然体にて、彼女に接することが出来るようになり、彼の幸福度も彼女の幸福度も高まることでしょう。

つまり、女性側が、たまには「追いかけ役」も担ってあげれば、男性は安心し、男性は、2人の関係を保つために「追いかけ役」を、過度・過剰なほどには頑張らなくても良い!と安心出来るようになり・・・すると男性も、頑張りすぎないからこそ恋の情熱が長続きすることにもなり、また、安心出来て、彼女との恋愛における幸福度も高まるのですね。


こういったことは、人間関係の力学/パワーバランスから、生まれているのかもしれません。


では次に
A男としてのプライド/自尊心〜追いかける恋愛・逃げる男〜です。
→男性にも個人差があり、男性次第ではあるのですが・・いつも女性に追われてばかりで、‘俺(男性}’が受身的でばかりいる状態を、「ダサい/かっこ悪い/こんなの嫌だ」と無意識的に感じ、男としてのプライドや自尊心を守るために、なぜか受身的になってしまう彼女との関係を、「もう嫌だ!」とばかりに、切ろうとすることも、あるようです。

女性の方が賢く、1枚も2枚も上手なのだからこそ・・‘私(女性)’が、{追いかけるー逃げる}の恋愛ゲームを辞め、彼との距離感や、{人間関係の力学/パワーバランス}を考慮し、調整してあげることで、、、
男性を立ててあげること。
男性に、プライドや自尊心を守らせてあげるために、男性に「俺が自発的に追いかけているんだ!」と思わせてあげること。

女性の方が賢く1枚も2枚も上手だからこそ、女性の方が{人間関係の状態/状況}などにも敏感に気がつくことが出来るからこそ・・・そのようなことも、必要となる場合もあるのかもしれません。







Bまとめ 〜追いかける恋愛/逃げる男〜
■{追いかけるー逃げる}の恋愛ゲームを辞め、2人とも安心して、幸せな関係でいられる方法の1つは、「他者の幸せを心から願う‘心’」を、育てることでもあるのかもしれません。

「俺or私が頑張って追いかけないと、2人の関係は自然消滅してしまう!」と恐れ心配し、過度・過剰に追いかけてばかりなのも辛いですし・・やる気や自発性、積極性に満ち満ちた相手と対面することで、{やる気/積極性/自発性}が削がれ、過度・過剰に受身傾向となり、ただ相手の連絡を待ち続けることになるのも、辛いことなのかもしれません。

そのようにならないよう、「相手の幸せを心から願う‘心’」より、相手が「俺が頑張って追いかけないと、2人の関係は自然消滅してしまう!」と心配にならないように、自分からも積極性を出し、かと言って、相手の男性が受身傾向となってしまわない程度に、自分の「相手を好き!追いかけたい!」という気持ちも自制する。そういったことも、場合によっては、必要となるのかもしれません。

「相手を思いやる心」や自制心を育てていくのは、すぐに出来ることでも、楽して簡単に出来ることでも、ないのかもしれません。
が、焦ることなくコツコツと、楽しみながら心の仙人/仙女修行に取り組むことで、少しづつ身につけていけると良いですよね。
いつも偉そうな記事ばかり書かせて頂いていますが、私は、口先だけで、まったく実践は出来ておらず・・すみません・・。ともに、楽しみながら精進して参りましょう。


〜追いかける恋愛・逃げる男の心理/恋愛・婚活講座〜
<writer 名無き仙人>





クス男「僕は、お姉さんから追いかけられたいなぁ。そしたら僕、全力で喜ぶのになぁ。」


クス子「受身でばかりいないで、少しは自発性を出したら?クス男さん。」


仙人「幸せな恋愛を、していけると良いのぉ。」


関連彼氏と距離を置く/恋愛の距離感(自立と依存のバランス)
好きな女性にとる態度(出会い編/メール編/デート編/付き合った後編)
彼氏・男性に甘えたい/男女の心理(自立と依存/人間間のパワーバランス)
束縛する彼氏の心理(信頼と人間関係の力学)
素敵な大人の女性になるには(9つの条件/バランス感覚)
恋愛運アップ方法(素敵な男性を引き寄せる女になる!)