彼は仕事好きか?仕事と結婚  

彼は仕事好きか?仕事と結婚

■仕事に対する男性の姿勢には、3つのパターンがある。相手の男性は仕事を好きか?仕事と結婚。恋愛・婚活講座。

彼は仕事好きか?仕事と結婚


1.彼は仕事好きか?仕事と結婚
@仕事が好きな男性と嫌いな男性

■恋人の間は、彼氏に自分に構って欲しい思いもあるため、彼氏が仕事好きで、仕事のせいで私に構ってくれる時間が少ないことを不満に思ったりもしますよね。

しかし・・
家事や子供嫌いの嫁をもらった夫は、結婚後、ずっと嫁のストレスや愚痴に付き合わされることになるのかもしれません。
この場合、嫁は家事や子供が嫌いであるため、家事や育児をすればするほど、ストレスが溜まりイライラします。
そのイライラの矛先は、一緒にいる時間の長い旦那に向けられるわけです。
ですから、どちからと言えば、家事や子供が好きな奥さんを嫁にもらった方が、夫は幸せな結婚生活を送れることになりそうです。

それと同じで・・
仕事嫌いの夫に嫁いだ嫁は、夫のストレスや愚痴に付き合わされることになるのかもしれません。
夫は仕事が嫌いであるため、仕事をすればするほど、ストレスが溜まりイライラします。
そのイライラの矛先は、一緒にいる時間の長い妻に向けられる場合もありそうです。
そのため、どちからと言えば、仕事が好きな旦那さんに嫁いだ方が、妻は幸せな結婚生活を送れることになるのかもしれません。

既婚男性のストレスの大半は、仕事が原因・・とも言えそうです。
仕事以外に、既婚男性がストレスを溜めるとなると、あとは家庭内の問題くらいのようです。

そのため、結婚生活において、「夫は、仕事が好きか?」は意外と重要なことだったりもするようです。

通常、結婚相手として男性を見る場合、年収や職業ばかりを重視し、「当人が仕事を好きか?」という部分は軽視される傾向にあるようです。

が、年収が高くても低くても、仕事が嫌いな男性は、仕事をする毎日自体がストレスとなるため、仕事のストレスを家庭に持ち込んだり、仕事のストレスの反動にて、休日は個人的な趣味に走る可能性もありそうです。
ストレスから体を壊すこともありますし、ストレスのせいで、パチンコなどのギャンブルや、お酒、はたまた女遊びに、過剰に頼り始めるケースもあるかもしれません。
また仕事が嫌いな場合は、仕事の結果もあまり出ないためリストラなどの対象にもなりやすいでしょうし、仕事で嫌なことがあれば、結婚後に仕事を辞めてしまうこともあるかもしれません。

一方、仕事が好きだったり、仕事を楽しみながら生きている男性は、仕事をする毎日自体が楽しみであり、ストレスが少ないため、家庭では妻の愚痴を聞く余裕があるでしょうし、休日に家族サービスをする余裕もあることでしょう。
また、ストレスから体を壊す心配もなさそうですし、「仕事をするために!」と体調管理も、自分できちんと行うことになりそうです。
もちろん、ストレスのせいで、パチンコなどのギャンブルや、お酒、女遊びなどに、過剰に頼ることもないでしょう。


仕事が好きな男性といっても、会社員である以上、労働基準法があるため、年間で100日以上は休日があるでしょうから、充分にデートや家族サービスを行うことが出来そうです。
自営業や起業でも、安定してくれば、デートや家族サービスを行う時間程度は生まれるでしょう。
自営業や起業の場合、デートや家族サービスの時間も生まれないほど忙しい時期が何年も何十年も続くのであれば、その前に、倒産する可能性の方が高そうです。


ですから、年収や職種だけを見るのではなく、「当人が仕事を好きか?」という部分も、結婚前にはしっかりとチェックしたいものですよね。



A彼氏の仕事に対する姿勢〜彼は仕事好きか?仕事と結婚〜
■仕事に対する男性の姿勢には、3つのパターンがあるようです。

@仕事は好きでないけど、覚悟を決めている男性
A仕事嫌いで、覚悟もない男性
B仕事好きな男性


まず
@仕事は好きでないけど、覚悟を決めている男性です。
多いのは、この{@仕事は好きでないけど、覚悟を決めている男性}タイプなのかもしれません。
好きで働いているわけではないけれど、生活していくために、そして妻や子供を養っていくために「一生、働く!」と覚悟を決めて働いている男性は多いものです。

このような男性ならば、夫になった後も、妻や子供達のために、定年まで頑張って働いてくれることでしょう。

デートの時などに、仕事の愚痴は言うけれど、それでも彼氏は卒後入社した企業に、もう何年も十数年も勤めており、生活費など全てを自分の給料でやり繰りしつつ自立して生きているのならば・・その男性は{@仕事は好きでないけど、覚悟を決めている男性}タイプの可能性が高そうです。


次に
A仕事嫌いで、覚悟もない男性です。
この{A仕事嫌いで、覚悟もない男性}タイプは、仕事が好きでないうえに、生活していくために、そして妻や子供を養っていくために「一生、働く!」という覚悟もないため、結婚後に、仕事を辞めてしまったりもする場合があるかもしれません。
覚悟がないと、40年もの長い期間、好きでもない仕事を頑張って続けるのは難しさもあるからです。

また、このような男性ならば、夫になった後も「俺は、お前達のために苦労して働いているんだぞ?」という態度を出してきたりも、するかもしれません。

デートの時などに、仕事の愚痴を言い、尚且つ、転職したりフリーター期間があったりし、そして生活費など全てを自分の給料でやり繰りしながら自立して生きてきたわけでもない男性の場合・・その男性は{A仕事嫌いで、覚悟もない男性}タイプかもしれません。


最後に
B仕事好きな男性です。
{B仕事好きな男性}タイプは、自分の仕事にやりがいを感じていたり、誇りを感じていたりする場合が多いようです。
そのため、専門職の男性には、「俺は、○○の専門職なんだ!他とは、違うんだ!」というように、なんだかんだで、自分の仕事に誇りやプライドをもちつつ、仕事も好きで働いている男性も多いようです。

また、若くして起業したり、自分の店を出したり、ミュージシャンやアーティストとして働いているような男性は、仕事好きな人がほとんどでしょう。
ただ、そのような男性の場合、起業や自分の店が失敗したり、ミュージシャンやアーティストとして成功せずに、普通に就職となった場合、急に{A仕事嫌いで、覚悟もない男性}タイプに変わる場合もあるかもしれません。


デートの時の会話などで、男性/彼氏の仕事に対する姿勢を観察し、相手の男性/彼氏がどのタイプの男性かチェックしておくのも良さそうですよね。







Bまとめ 〜彼は仕事好きか?仕事と結婚〜
■年収や職業だけでなく、「仕事好きかどうか?」もチェックしていくことは、大切なことでも、あるのかもしれません。
男の人生は仕事中心でまわっていくため、仕事に対する姿勢次第で、男性の人生は変わっていき・・当然、妻も、その影響を受けることになりそうです。

こんな時代ですから、定年まで30〜40年もの長い結婚生活のなかで1度くらいは、旦那がリストラにあったり、旦那の勤め先が倒産したりして、旦那が無職状態になることもあるかもしれません。
その時、今の彼氏は、逆境をバネに、妻のために家族のために頑張り、新たな就職先を見つけ出し・・・前の職より条件や給与の悪い職になろうとも、覚悟を決めて働き続ける人でしょうか。
それとも、失業のショックで精神と体を壊してしまい、その後は無職状態がずっと続きそうでしょうか?

今現在の、年収や職業だけでジャッジ/判断するのではなく、そのような‘心の姿勢/生き方/生きる力’などの部分も、チェックしていきたいものですよね。


〜彼は仕事好きか?仕事と結婚/恋愛・婚活講座〜
<writer 名無き仙人>





クス男「僕はCだな。{C仕事嫌いだから働かない}だ。」


クス子「頑張りなさいよ。」


仙人「こんな時代じゃから、平凡に何事も無く、今後30〜40年もの間、ずっと変わらず旦那の給料が定年まで安定して上がっていく・・なんてことは、案外、確率が低いことでも、あるのかもしれぬのぉ。じゃからこそ、今現在の年収と職業だけを見るのではなく、‘心の姿勢/生き方/生きる力’などの部分も、チェックするのも良さそうじゃのぉ。」


関連→ →追いかける恋愛/逃げる男(追うと逃げられる/人間関係の力学)
素敵な大人の女性になるには(9つの条件/バランス感覚)
彼氏と距離を置く/恋愛の距離感(自立と依存のバランス)
彼氏・男性に甘えたい/男女の心理(自立と依存/人間間のパワーバランス)
好きな女性にとる態度(出会い編/メール編/デート編/付き合った後編)
下心/体目的男の特徴(男性の下心を見抜く方法)
束縛する彼氏の心理(信頼と人間関係の力学)