専業主婦になりたい   

専業主婦になりたい

■専業主婦になりたい女性の狙い目な男性について、具体的に解説。専業主婦になりたい女性へ。

専業主婦になりたい!


1.専業主婦希望の男性とは?
@現在では希少な存在

■昔は、「妻には家にいてもらいたい。」と考える男性は多かったが、現在ではそのように考える男性はかなりの少数派。

また、そのような男性は、専業主婦希望の女性と結婚するケースが多いので、「妻には家にいてもらいたい。」と考える男性で、且つ、独身の彼女なし男性は、まれな存在。
※女性には、専業主婦希望の女性も多い。特に若い女性に増えてきている。


若い世代になればなるほど、男性は{男女平等教育}を徹底的に受けて育ってきているため、「どうして、男だけが働かないといけないの?」と、内心は思っている男性も増えている。

そのため、若い男性との結婚で、専業主婦は難しいかもしれない。







A専業主婦希望の女性に狙い目な男性とは?
■現在は、倒産等の増加で、会社の寿命がどんどん短くなってきている。
また、リストラも以前よりは多い。このような社会情勢のなかで、「妻には家にいてもらいたい」と考える余裕をもつことができるのは、大企業の勤め人・公務員男性くらいなもの。

お見合いパーティーのなかには、「年収600万以上の男性限定」や「自衛隊男性限定」などのパーティーもあるので、検討してみるのもアリ。

また、婚活サイトでは、【条件検索】が出来るので、条件に【年収600万以上】【公務員】と入れて検索することを検討するのもアリ。

婚活サイトの中では、信頼できるブライダルネットがお勧め。


※中小企業の勤め人や自営業男性の「妻には家にいてもらいたい」には気おつけよう。

その男性の気持ちは本当だろうが、10年後、20年後も、勤め先の中小企業が存在している保証はどこにもないし、自営業も収入があり続ける保証はどこにもない。

【10年後、20年後も夫の収入は安定してあるだろうか?】と、自問してみよう。家族の収入源が旦那1人の場合、旦那の収入がなくなると、大変なことになる。

※1ちなみに、とある統計上では新しく設立された会社で、10年後も存続している会社は5%だけ。つまり100コの新しい会社が設立された場合、10年以内に95コの会社は倒産などでなくなる。会社が存続し続ける可能性は低いのですね。

※2今後の日本では、増税が決定済み。
そのため、会社員の夫の給料の手取り金額は、どんどん減っていくことも決定済み。
よほど大企業の正社員か、公務員でないと、専業主婦として家庭をまわしていくのは厳しいかもしれない。


〜専業主婦になりたい/恋愛・婚活講座〜
<writer 名無き仙人>





クス男「今どき、男1人の収入で家族を一生安定して養うなんてハードル高いよなぁ。僕には無理だよ。」


クス子「時代が時代なだけに、しょうがないわよね。」


仙「専業主婦を希望するなら、狙う男性を【大企業の勤め人・公務員】に絞る必要もあるのかもしれぬのぉ。」