高学歴と低学歴/学歴差結婚   

高学歴と低学歴/学歴差結婚

■高学歴女性が結婚相手となる男性の自分より低い学歴を気にしないためには?学歴差結婚。恋愛・婚活講座。

高学歴と低学歴/学歴差結婚


1.高学歴と低学歴/学歴差結婚
@学歴は結婚に関係するか?
■学歴が結婚に関係するかどうか?は、当人の価値観次第・・とも言えるのかもしれません。
※親が結婚に口を出す場合、親の価値観も関係してくるが。


人が重要視する事柄は{@異性A家族Bお金C仕事D友人E宗教F娯楽G自分}など、人によって様々なようですが、なかには学歴に価値の重きをおく人もいるようです。

そのような人にとっては、結婚にも学歴が関係してきそうです。
そして、人による価値観の違いは、ただ違いがあるだけでもあるため、良いも悪いもなく、ただその人にとっては、結婚相手への条件として学歴も重視されることになりそうです。


「私は、結婚したい彼の、自分より低い学歴を気にしたくないのに、どうしても気にしてしまいます。どうすれば良いでしょうか?」
→上記のような悩みをもっており、人生や結婚において、学歴より‘幸せ’の方が重要であるならば、{学歴の意味}を再検討してみるのも良さそうです。



A学歴と幸せの関係 〜学歴と結婚の関係〜
■現在の日本社会は、5教科のペーパーテストによって、人間を判断/ジャッジする傾向もあるようです。
しかし、5教科の知識で、実社会で役に立つのは{常識的な読み書き}と{割り算までの簡単な計算}とも言えそうです。
わからない漢字や英語は携帯電話で調べれば良いですし、難しい計算は電卓やExcelが行います。
必要な知識があれば、ネットで検索すれば良さそうです。なにも、頭の中で暗記しておく必要は、なさそうです。

そして重要なことは、5教科という狭い限られた分野の知識量と、人生の幸せ力には、相関性があまりないこと・・とも言えそうです。
数学の3次関数やマニアックな歴史の年号がわかることと、毎日をご機嫌に、幸せに生きていける能力には、あまり関係性がなさそうです。

人生を幸せに生きていくためには、5教科の知識量よりも、
{正直さ/誠実さ/他者の幸せを願う心・・など高い人格・人間性}
{問題解決能力}
{新しいアイデアを生み出す能力}
{コミュニケーション能力}
{人間関係構築力}
{ストレスに耐える能力}
{他人と比較することなく、自分にとっての幸せを大切に出来るブレない姿勢}
{どんな状況でも、物事の良い面を捉え、心の中では幸せを維持できる心のあり方}
{自分発で笑顔や幸せを周りにおっそわけしていく生きる姿勢}
{全てを自己責任と捉え、前向きに対処していく生きる姿勢}
{過酷な環境でも冷静な判断をし、結果を出し続ける能力}
{5教科以外の総合的知識(お金や投資含む)}
{体力/健康}


など、総合的な{知識/経験/スキル/心のあり方・生き方}が重要であり、その総合的な{知識/経験/スキル/心のあり方・生き方}と、5教科という狭い限られた分野の知識量とは、関係性が少ないようなのです。


とは言うものの、現代社会では学歴によって就職先が決まり、就職先によって生涯年収が決まる傾向もあるようです。
そして現代社会では、人々の価値観的に、
「より高い生活水準の方が素晴らしい!」
「お金がたくさんある方が、素晴らしい!」
「年収の多い大企業で働くことは、価値が高い!」
という価値観もあるようです。

その人々の価値観が、「より高い生活水準の方が素晴らしい!」「お金がたくさんある方が、素晴らしい!」という社会常識を作り出し、他人の目や社会常識を強く意識する村社会である日本社会では、世間体を気にすることもあり、結婚に関しても学歴の問題が絡んでくる場合も、あるのかもしれません。


そのため、お金や生活水準に対して、価値の重きをおき、世間体を気にするのであれば、学歴も、結婚と関係してくることにもなりそうです。
一方、人生において、お金や生活水準を気にすることなく、世間体も気にしないのであれば、結婚においても、学歴が気にならなくなるのかもしれません。

お金や生活水準に、自分達の人生や結婚生活の幸せを、過剰に依存することなく・・たとえお金が少なく生活水準が低かろうとも、その夫婦が、お金や生活水準より、もっと他のことを大切にするのであれば、学歴が2人の幸せに影響を及ぼすことは、なさそうです。

また、学歴=年収というのは、勤めて働くことが前提となっており、お金を稼ぐ手段は、勤めること以外にも副業や起業、投資など様々な方法があるようです。
そして副業や起業、投資などで稼ぐのに、学歴も5教科の知識量も、関係がないようです。







Bまとめ 〜高学歴と低学歴/学歴差結婚〜
■{学歴が良い}ということは「子供の頃から将来を見据えてコツコツと勉強した」ということでも、ありそうです。
そのような意味では、学歴の良い人は{物事を長期的なスパンで考える/捉える}傾向にあるわけで・・
結婚というのは長期的な関係であるため、相手として選ぶなら{物事を長期的なスパンで捉える人}の方が、結婚の失敗は少ないのかもしれません。

しかし、「勉強だけは親に言われてコツコツと取り組んだけど・・」という人もいるのかもしれませんし、勉強はしなかったけど物事を長期スパンで捉え、コツコツと取り組む人もいますし、一概には言えませんよね。

頭では「学歴と結婚は関係ない」「学歴と幸せ力は関係ない」と理解しても、生まれ育った家庭の価値観が学歴を重視する価値観であると、ついつい無意識的に学歴を気にしてしまうことも、あるようです。
人は通常、生まれ育った家庭の価値観のまま大人になり、死ぬまで生まれ育った家庭の価値観を引きずる部分も少なくないようです。
そして、その価値観の多くが、子供にも引き継がれていくことになるようです。


「既存の価値観を変えたい!」「既存の考え方を変えたい!」
そのような場合は、時間はかかりそうですが、心の仙人/仙女修行をとおして、{自分を変える!}に、コツコツと取り組んでいけると良いですよね。
時間がかかる場合もあるようですが、価値観も考え方も、私達は、自ら変えていくことが出来るようです。


〜高学歴と低学歴・学歴差結婚/恋愛・婚活講座〜
<writer 名無き仙人>





クス男「高学歴と低学歴・学歴差結婚の問題かぁ。」


クス子「学歴と結婚の関係ねぁ。」


仙人「なにを重視するか?は、人によって異なるようじゃのぉ。素敵な結婚が訪れるといいのぉ。」


関連追いかける恋愛/逃げる男(追うと逃げられる/人間関係の力学)
恋愛運アップ方法(素敵な男性を引き寄せる女になる!)
素敵な大人の女性になるには(9つの条件/バランス感覚)
彼氏と距離を置く/恋愛の距離感(自立と依存のバランス)
彼氏・男性に甘えたい/男女の心理(自立と依存/人間間のパワーバランス)
好きな女性にとる態度(出会い編/メール編/デート編/付き合った後編)
下心/体目的男の特徴(男性の下心を見抜く方法)