好きじゃない人との結婚は後悔する?    

好きじゃない人との結婚は後悔する?

■好きではない人と結婚したら、その後はどうなる?恋愛・婚活講座。

好きじゃない人との結婚は後悔する?


1.好きでもない人と結婚したらどうなる?
@今の彼氏/彼女と結婚するか迷う

■「この人のことが大好き!」というわけではないけれど、相手から告白されたため「まあ、付き合っても良いかな」ということで交際がスタートすることもありますよね。

好きじゃない人と付き合って、その後に、その人の人間性などに惚れていくことで大好きになり、最終的には結婚した人も少なくないことでしょう。

ただ、好きじゃないのに付き合って、その後に妊娠して子供ができたことなどもあり、でもそこまで好きじゃないから結婚はしたくない・・ということで、交際が泥沼化してしまうこともあるようですし、「子供が出来たから」ということで、あまり好きではない人と結婚することになる人もいるようです。

今回の記事では、そこまで好きじゃない人と付き合う場合の注意点や、あまり好きではない人と結婚するか迷う場合の判断基準について、見てみたいと思います。



A好きじゃない人と付き合う人の心理
■好きじゃない人と付き合った場合、泥沼の関係になってしまうことがあるようです。

私達は、そこまで好きではない人であっても、付き合うことでいつも一緒にいれば情が湧いてくるようになります。
情が湧くと、簡単には縁を切ることが出来ませんよね。

例えば私達は、子供の頃、兄弟や姉妹のことを好きだから一緒になり、一緒に生活を送ることになったのではありません。
一緒にいるうちに情が湧く形で、兄弟や姉妹と仲良くなったわけですよね。
そんな兄や姉、弟や妹とは、簡単には縁を切ることができないことでしょう。情が湧いてしまっているからです。

情が湧くと簡単には別れることが出来なくなる。

それは恋愛でもそうで、「今は恋人がいないから、そこまで好きではないけど、Aさんは私のことを好きみたいだし、Aさんと付き合うか。」と、そこまで好きではない人と付き合うと、その後に、異性として大好きになれなくても、相手に対して情は湧いてしまうことになるでしょう。

すると、「Aさんは異性として魅力的に思えないし、もっと素敵な人と結婚したいから、Aさんとは結婚したくない。」と思っても、情が湧いてしまっているせいで別れることができず、グダグダと交際を続けてしまい・・

そんな状況の自分にも、Aさんにもイライラしてしまい、付き合っていて楽しくないし喧嘩も多いのだけど、別れることが出来ない状態になってしまい、泥沼の関係になってしまったり、年齢的なことから焦りもあり、好きではないのに結婚してしまうこともあるかもしれません。

好きじゃない人と付き合い、その人のことを、その後も好きになれない場合、情が湧いてしまうことで「結婚は別の人としたいけど別れることも出来ない」という泥沼の関係になってしまうこともある

では、好きじゃない人と付き合う場合は、どうすれば良いのでしょうか。
そのためには、付き合う時点で【出口戦略】のことまで考えておくことが大切になるのかもしれません。

ここでいう出口戦略とは、{付き合ってみたものの、やっぱり大好きにはなれず、結婚するなら別の人が良い!と思い別れたくなった時に別れること}を言います。

<上手に別れることが出来る準備を、付き合う前の段階でする>
恋愛においては、付き合う時よりも別れる時の方が大変ですよね。結婚する時よりも離婚する時の方が大変でしょう。
彼女や彼氏と別れる際に揉めてしまい、泥沼の関係になってしまった人もいることでしょう。

男女が{付き合う}とは、契約みたいなもの!と言えそうです。
契約を結ぶ時というのは、最初に、契約を結ぶ時よりも、その後に契約を解約する時の方が大変になりがちです。

そこで、契約を結ぶ際には、契約を解除しやすいように、契約を結ぶ時点で{契約を解除したい時に、いつでも解除できる}という文言を契約書に入れるのが一般的です。

この方法を恋愛の交際に応用することで、{別れることができず泥沼の関係になった}を防げることになりそうです。

具体的には、付き合う前の段階で、相手にはっきりと心境や状況を伝えておくことが大切になりそうです。
「私の気持ちは、まだ固まっていない。ましてや貴方と、結婚を前提に付き合うわけではない。もしかしたら付き合って1週間で別れたくなり別れるかもしれないし、1か月後には別の人を好きになって別れることになるかもしれない。なんの保証も出来ないし、貴方を大切に出来ないかもしれないし、貴方を幸せにしてあげられないかもしれない。それでも良いなら、付き合いましょう。」

かなり上から目線ですが、そこまで好きじゃない人から、告白されて付き合うことになりそうな場合は、付き合う前の時点で、はっきりと「将来的に別れる可能性が十分にある」ということを伝えた方が誠実だとも言えそうです。

でないと、相手が「付き合えた!やったー!もしかしたら半年後には結婚かも」などと過度な期待をしてしまうからです。

人は、期待に反して結果がいまいちだった時に、もっとも落胆しますし、怒ることになりやすいようです。

「相手を傷つけないように。」という配慮から、本当は、そこまで好きじゃないのに「私も貴方のことが好きだから付き合おう」などと言って、相手に期待感をもたせてしまい、それでいて、その後に別れることになるくらいなら、最初から、期待をさせないことが大事だと言えそうです。

好きじゃない人と付き合う場合→相手に期待感をもたせないこと。人は期待と現実のギャップに苦しむ。はっきりと「将来的に別れる可能性が十分にある」ということを事前に伝える。

嘘をつくことなく、正直に、誠実に、相手に接するならば、正直に「貴方のことを、そこまで好きじゃないから、将来的に別れることになる可能性は十分にあるよ。それでも良いなら付き合おう。」と言っておいた方が、後々、トラブルにならなくて済みやすいのかもしれませんね。



B好きではない彼氏/彼女と結婚するか迷う
■では、好きではない相手と付き合っており、結婚するかどうか迷っている場合はどうでしょうか。

その場合、判断基準の1つは「信頼できる人かどうか?」だと言えそうです。
私達は、信頼できる人のことを好きになり、信頼できない人のことは嫌いになる傾向があるようだからです。

人間は、信頼できる人のことを好きになり、信用できない人のことは嫌いになる

恋の時点では「信頼できるかどうか?」よりも、「ドキドキできるか?」「相手の見た目はどうか?」などの方が大切になるでしょう。
だから、少しくらい悪い男や、悪い女と恋した方が、燃えてしまいますよね。

しかし、付き合ってから時間が経過し、恋が愛に変わってきたら、「ドキドキできるか?」「相手の見た目はどうか?」などよりも、「信頼できるかどうか?」の方が重要になってくるようです。

もし、付き合っている相手の人が、信用できない{信頼感のない人}であるならば、結婚は考え物かもしれません。
私達は、信頼できない人のことは愛せないし、むしろ、嫌いになってしまうようだからです。
信頼できない相手と結婚すれば、嫌いな人との結婚生活にイライラすることになり、離婚してしまうことになるかもしれません。

一方、今は、そこまで好きではなくても、相手が、抜群に信頼できる人ならば。
私達は、信頼できる人のことを好きになっていく傾向があるため、これから時間をかけて、相手のことを、どんどん好きになっていく可能性はありそうです。
そのような、人間性の素晴らしい信頼できる人との結婚なら、結婚生活も楽しいものになるかもしれません。

結婚するかどうかの1つの判断基準→信頼できる人かどうか?(信頼できるかどうか?で好きになれるかどうか?が決まるため)

好きじゃないうえに、相手は浮気を繰り返したり、借金したり、ギャンブルしたり、人を傷つけることを言ったり、人を騙したり、嘘をついたり、裏表が激しかったり、自分のことばかり考えたり・・・など、信頼できない人柄ならば、結婚は考え物かもしれませんね。



B幸せな結婚生活をおくるために
■恋愛とは不思議なものですよね。
本当に大好きな{片思いしている人}とは上手くいかないことも多いのに、自分が、そこまで好きではない人から告白される機会は多かったりもします。
本当に大好きな{片思いしている人}ばかりを追いかけていると、一生、恋人も結婚も出来ない可能性も0ではないかもしれません。

そのため、そこまで好きではない人とも付き合うケースが増えていくことになりそうです。
そして、好きではない人と付き合うと、その後、どんどん好きになって本当の意味で両想いになるケースもありますし、一方で、付き合っても、やっぱり、そこまで好きになれないケースもあります。
その差は「信頼できる人柄・人間性かどうか?」によるものが大きいでしょう。

付き合ってみることで、相手の本当の人柄がわかり、「この人なら信頼できる。この人となら結婚してもいい」と思えるかもしれませんし、「この人は上辺だけ良い人で、素は信頼できない人だ。この人とは結婚したくない」と思うことになるかもしれません。
付き合ってみて、わかることもありますよね。

なので、付き合っても、やっぱり、そこまで好きになれないケースに備え、付き合う前の時点で、はっきりと相手に「将来は別れるかもしれないよ」と伝えておくことが大事になるのかもしれませんね。

さて、今回の記事も最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。感謝しています。

<writer 名無き仙人>





クス男「昔は好きでない人と強制的に結婚させられていた時代もあったみたいだね。」


クス子「それでも離婚せずラブラブな夫婦になったケースはたくさんあるみたい。結局、見た目とかではなく、信頼し合える関係が築けるかどうか?なのかもね。」


仙人「関連記事としては、大切にされる女性の条件(繁栄原則に根ざした男性と付き合う)や、彼氏に不安(結婚する前にチェックする10項目)もお勧めじゃよ。」


関連追いかける恋愛/逃げる男(追うと逃げられる/人間関係の力学)
彼氏と距離を置く/恋愛の距離感(自立と依存のバランス)
彼氏・男性に甘えたい/男女の心理(自立と依存/人間間のパワーバランス)
男が結婚を決めるとき(男性が婚活に本気になる5パターン)
束縛する彼氏の心理(信頼と人間関係の力学)
夫向きの男性タイプ(男性診断6つの観点)
結婚後のお金の管理(夫婦間の【バランスの法則】ーお金編)
結婚資金の目安/貯金・貯蓄方法(結婚に関連する支出と資金準備)