結婚するなら何歳?どんな人?職業は? 

結婚するなら何歳?どんな人?職業は?

■結婚相手選びで悩む、迷う人へ。失敗しない結婚相手の条件とは?

結婚するなら何歳?どんな人?職業は?


1.幸せになれる結婚相手の特徴や条件とは?
@結婚するなら何歳でするべき?

■結婚するなら、幸せな結婚生活となる素敵な人と結婚したいですよね。

ただ、結婚相手は1人しか選べないし、選んだ後に「やっぱりチェンジで」と出来ないため、結婚相手の選び方には慎重になってしまいますよね。

今回の記事では「結婚するなら何歳?どんな人?職業は?」ということで、失敗しない結婚のコツや、失敗しない結婚相手の選び方を見ていきたいと思います。



A結婚相手として人気な人の条件
■結婚するなら、以下のような条件の人が人気なようです。
と、その前に、結婚する年齢について見てみましょう。

@結婚するなら何歳で結婚する?
→男女とも、平均の初婚年齢は30歳前後のようです。
でも、世の中では18歳で結婚する人もいるし、24歳で結婚する人もいますし、41歳で結婚する人もいますよね。

平均は、あくまで平均なので{自分にとっての結婚適齢期}を大切にすると良さそうですね。

結婚適齢期は、人によって個人差があるよ。
年齢が若いうちに結婚した方がいい人もいるし、30代になってから結婚する方が結婚相手を選びやすい人もいるみたい。


「私、若さしか取り柄がないから!」ということで、22歳で結婚を決断する人もいます。

「俺、遅咲きだから、30代になってからの方が収入も増えているし女性からモテそうだ。」ということで{結婚は30代になってから}と決めている男性もいます。

平均の初婚年齢と{自分にとっての結婚適齢期}には違いがある場合も少なくないよ。

一般的には、女性は年齢が若い方が結婚相手として人気なようですね。
男性のニーズが{年齢の若い女性}にあるからでしょう。

そのため20代の頃は男からモテていたのに、30代になると、変な男しか近寄ってこなくなり結婚に焦り始めた!という女性の話も聞きますよね。
女性は25歳までの若いうちの方が、結婚相手を選びやすい傾向があるようです。
25歳をすぎてアラサーになってくると「結婚相手として条件のいい人と出会えない。」となりがちなようです。
年齢を重ねれば重ねるほど、結婚相手として人気な男性は、彼女がいる確率が高くなっていくし、また結婚してしまう人も増えていくからです。

男性の場合は、人にもよりますが、遅咲きタイプの人の場合は、30代になってからの方が女性にモテる場合もあるようです。

一般的に、女性は30代より20代の方が男性からモテるみたい。
男性の場合は、人によって違うみたい。


A結婚する相手の人柄

→結婚が決まったことを親や友人に報告すると「相手は、どんな人?」と聞かれますよね。
その「どんな人?」には{仕事は何をしている人?}という意味が含まれている場合が多いようです。
「結婚相手は、どんな人?」と聞かれた時に、結婚相手の趣味や性格を話す前に、まず仕事について話しますものね。

みんな、知らない他人のことは、その人の就いている仕事や職業で判断しようとするわけですね。

そういう意味でも、結婚相手の職業は重要となるようです。

B結婚相手の職業
→結婚相手として人気な職業は、女性の場合は・・

・保育士
・看護師
・CA
・アナウンサー

などのようです。
男性はみんな、保育士や看護師、CAや女子アナのことが好きですものね。

男性の場合は、手堅い職業についている人が人気なようです。
特に大企業のサラリーマンや公務員の男性は、女性から人気ですね。

年齢が20代前半などと若いうちは、職業より人柄や見た目が重視される場合がありますが、年齢が20代後半、30代になっていくと、定職についていないと、それだけで男性の場合は、女性から断られてしまう場合も増えるようです。

「アルバイトや派遣など、非正規社員の男性は未婚者が多い。給料が少ないからだ!社会がおかしい!」と言われていますが・・「給料が少ないから」というよりも、仕事が非正規とわかった時点で、もう女性側が、その男性と会おうとしない・・そのため、紹介の話があっても1回も会わずに終わってしまう、という現実もあるようです。

そんな門前払いのようなことが続くと、男性側も、これ以上、拒絶されたり傷つくのが嫌だから、そもそも出会い自体を求めなくなっていく傾向にあるようです。
少子高齢化や未婚率の上昇の現場では、そういう現実があるようです。

職業より、人柄の方が大事だよね。
みんな、そう思っているよ。
でも現実的には、非正規というだけで、恋愛や婚活の土俵にすら上がれない・・そんな現実があるみたい。


そのため、今は非正規で働いているせいで女性からモテず彼女もいない男性の中には、人間性や人柄は素晴らしい人もいるようです。
人間性や人柄重視で結婚相手を選ぶなら、職業や仕事、雇用形態にとらわれすぎることなく、その人自身を見て結婚相手を探すようにするのも良さそうですね。





B結婚で後悔しないコツ
■何歳で結婚しようと、どんな人と結婚しようとも、なんの仕事をしている人と結婚しようとも・・

結婚で後悔しないコツは、ただ1つ。

「この人と結婚して良かった」と思えるよう、結婚後、精一杯幸せに生きていくこと!ですよね。

結婚相手選びで後悔しないコツ→{選んだ人で良かった!}と思えるよう、結婚後を、頑張ること。

結婚は、1つのゴールかもしれませんが、結婚相手選びで後悔しないコツは、結婚後の生き方にあるようです。

結婚後に、幸せになれるよう頑張って生きていき幸せになれば、Aさんと結婚しようが、Bさんと結婚しようが「この人と結婚して良かった」と思うことになりますよね。

一方で、結婚がゴールということで、結婚後は頑張らず、悪いのは全て、不幸なのはすべて、結婚相手のせいにして「結婚相手のせいで不幸だ。最悪。結婚相手選びを間違えた」と愚痴を言うならば、Aさんと結婚しようが、Bさんと結婚しようが「この人と結婚するんじゃなかった。結婚相手選びを失敗した」と思うことになりそうですね。

結婚相手選びを後悔するかどうか?は、結婚相手で決まることではなく、自分自身の、結婚後の生き方によって決まる側面もあるみたい。

「この人と結婚して良かった!」と言えるように、結婚してからの人生を、大切に生きていけると良さそうですね。
すると、何歳で結婚しようと、どんな職業のどんな人と結婚しようと、結婚で後悔する確率は減りそうです。

さて、今回の記事も最後までありがとうございました。
感謝しています。

<writer 名無き仙人>





クス男「結婚相手を選ぶのって悩ましいことだよね。」


クス子「結婚はしたいけど、結婚する相手は誰でもいいわけじゃないものね。」


仙「素敵な結婚相手が見つかるといいのぉ。」