愛される女の条件   

彼氏・旦那(夫)に愛される女の条件

■彼氏・夫に愛される女の条件。愛され上手な女性になるには?方法。恋愛/婚活講座。

彼氏・夫に愛される女の条件


1.男と女は付き合う意味が異なる
@男にとっての付き合い・結婚とは?

■女性は、【彼氏・旦那と一緒にいる意味】を考えるが、男性はそんなことは考えない。男性が別れ話の際に「僕には君と一緒にいる意味を見出せないんだ。」と言っている場面は見たことがない。(逆はあるが。)

つまり男は、{交際・付き合い・結婚生活}において、2人で一緒にいる意味なんて考えていない。

では、男という生き物にとっての交際・付き合い・結婚とは?



【★
出会い★】
@容姿がそこそこの女性が、俺の隣でなんだか嬉しそう。幸せそう。

↓【デート期間】

A女性の、その嬉しそうな姿に、男としての自尊心が満たされ、俺も嬉しい。(女性を幸せにしてあげれる俺は、立派なイイ男。)
※教養と年齢がかけ離れていない、そこそこの見栄えの女が、傍にいて嬉しそうなら、男は嬉しい。

↓【交際開始】

B嬉しさに誘われて発情。



C彼女がなにかのきっかけで不機嫌になる。1時的に嫌になるが、一晩ぐっすり寝れば、次の日は耐えられる。耐えられれば、別れるほどのこともない。



Dそのうち彼女が機嫌を直し、傍で嬉しそうにする。すると男も嬉しい。


以上、CとDのくり返しが、平均的な男性の一生である。

男が、この永久ループから自発的に抜け出せることはほとんどありえない。他の女によっぽど惚れられて、彼女に引きずり出される以外は。それにしても、また、隣の永久ループに入るだけなのだが・・。


男は、上記のC・Dのくり返しの中で、仕事の手柄や失敗に一喜一憂して、歳を重ねていく。男に積み重なるのは、愛の暮らしではなく、仕事の実績。だから、男は肩書きに固執する。

つまり、男という生き物にとっての付き合い・交際・結婚は、状況依存の、そのときどきの「気持ち」であって、「なにがあっても、あなたが好き!」というような、永続的に貫かれる女の「気持ち」とは、ちょっと違う。







2.愛される女の条件
@愛される極意

■上記で解説したとおり、教養と年齢がかけ離れていない、そこそこの見栄えの女が、傍にいて嬉しそうなら、男は嬉しい。

・・そう!
彼の隣で嬉しそうに幸せそうにいることが、愛される女の条件なのです。
これは、あまり知られていませんが、そうなのです。

仮に独身男女が付き合っており、女が結婚したがっている場合。

他にめぼしい配偶者候補がいなければ、男は、この女を嫌いになった日が、ここ1ヶ月の過半数を超えなければ結婚できる。
男は、そのくらい交際に関しては受動的。
(付き合う前は頑張るが・・。)

※運営するHPでも、女性は「長い交際を続けるコツ」など、付き合った後のことに関する記事を読むが、男性はまったく読まない。
(アクセス解析より。)

男性が読むのは、付き合う前までの記事のみ。

男には、どうしても【交際し始めた後】のことは、興味がわかないようです。
「君(彼女)の好きにして。」といった感じでしょうか・・?

参考文献
恋愛脳―男心と女心は、なぜこうもすれ違うのか (新潮文庫)
中古なら1円と安く、内容も充実しているため、「男女の違い」などに興味がある方にはお勧め。



A裏切らない/信じる
■彼氏や旦那から、愛され続けるためには、
@裏切らない
A信じる

ことが大切なようです。

女性の中にも、なにかしらの事情から、浮気をする人もいるようです。

しかし、いろいろな事情があるでしょうが、彼氏や旦那から愛され続けるためには@裏切らないことが、何より大切となりそうです。
つまり、浮気等をしないことです。

それをやってしまうと、泥沼にハマり込みますし、自分も{彼氏/旦那}も、深く悩み苦しむことになるようです。
別れる覚悟がないなら、軽はずみでも
@裏切らないことが、何より大事・・と言えそうです。


次にA信じるです。
彼氏・旦那の浮気は心配になります。
夜、帰ってくる時間が遅いときなど、心配になって当然です。

しかし、A信じることが何より大切なようです。

浮気を疑われると、男性は「なんだよ!俺はそんなに信頼・信用がないのか!?・・・信じてくれると思っていたのに・・。」と、彼女/妻への気持ちが冷めることになるようです。
気持ちが冷めると、本当に浮気に走りかねません。
心配になってもA信じることが、彼氏や旦那から愛され続けるためには、大切となりそうです。


この上記2つのことは、「綺麗でいること」「料理が上手なこと」以前の、1番根本部分の、重要なことのようです。

この2つのことだけは、忘れずに関係を続けていこう。


〜愛される女性の条件/恋愛・婚活講座〜
<writer 名無き仙人>





クス男「実際、彼女が「別れたい!」といわない限り、ダラダラと交際が続いていくカップルって多いもんね。男からは、なにかない限り、「別れよう!」とは言わないこと多いもんなぁ。」


クス子「男から「別れよう!」という時は、彼女を嫌に思った日が、多かったんでしょうね。」


仙「男と女では、違う部分も多いようじゃのぉ。」