女性のお見合いパーティーのコツ  

女性のお見合いパーティーのコツ

■女性のお見合いパーティーのコツ。お見合いパーティーで成功するには?方法

女性のお見合いパーティーのコツ


1.相手の男性の雰囲気を、その場で確認したい人に
■数時間という短時間内に多くの男性と出会えることが、お見合いパーティーのメリット。
自治体や商工会議所による出会い事業も狙い目。これからも自治体等が開催するお見合いパーティーの数は増えていく可能性も高い。

お見合いパーティーで有名なのは、婚活支援サービス【パートナーエージェント】が運営する真剣な方が集う大人の婚活パーティー♪


■お見合いパーティーが合っている女性
@1対1で、男性と話すのが苦手でない人
A第1印象にそこそこ自信がある人
B数時間の間で、多くの男性と会ってみたい人


■お見合いパーティーが合っていない女性
@1対1で、男性と話すのが苦手な女性
Aオシャレに無頓着な人
B自分がカップルになれなけれ、プライドが許せない人



2.お見合いパーティー当日の流れ
@受付→身分証を提示して入室。胸元など見やすい位置にナンバープレートをつける

Aプロフィールカードを記入→しっかりとプロフィールカードを記入したほうが、当然男性からの印象は良い。ダラダラと長文を書くのではなく、端的にわかりやすい文を書くと、さらに男性からは好評。会場に到着する時間が遅くなると、カード記入の時間をゆっくりとれないことも

B全員順番にトークタイム→男性がひとつづつ席を隣に移動。気にいった相手を後で思い出せるように、番号ごとにメモをとっておこう

C中間アプローチ→全員と話したら、気にいった人に印象を伝えるカードを記入し、提出する。

Dフリータイム→自由に相手を選んで会話。途中、何分かごとに相手をチェンジする。

E最終希望記入→気にいった相手のナンバーを上から順に記入して提出する。

Cの中間アプローチの結果を参考にすると良い。

Fカップル発表→成立カップルのナンバーが読み上げられる。男女どちらかが先に退場し、カップルになった人は外で待機している。



3.女性のお見合いパーティーのコツ
@男性はどうしても、女性を選ぶ際に外見を重視してしまう。第1印象の良い、さわやかで清潔感のあり、女性らしさをアピールできる服装を。(あまりにラフなかっこうになりすぎないように。)


A交代式のパーティーでは、プロフィールカードの記入をしっかり行う。女性は、プロフィールカードの文章が、とりとめのない長文になりやすいので気おつける。男性は結論がすぐにわからないとイライラする人も多いので、先に結論を書き、その後に説明を書くと良いかも


Bトークの際は、男性もすごく緊張している。また、男性も「自分が相手に受け入れられているかどうか?」が心配。相手の男性を受け入れていることを、やさしい目と笑顔をすることで伝えると、男性も自然体で話すことができ、トークも弾みやすい。また、男性からも好感をもってもらいやすい。


C男性のプロフィールの特異な部分を見つけ、その特異なプロフィールに関して男性に質問しよう。

例えば、好きな食べ物→「うなぎ」と書いてあったら、それは珍しい特異なこと。「○○さんはうなぎが好きなんですか?」と質問をすれば、男性も【うなぎ好き】を聞いてもらえて、嬉しく喜んで【うなぎ好きのエピソード】について話す。

■得意なスポーツ「なぎなた」  ■趣味「鮎釣り」  なども同様。







〜注意点〜
@頻繁に喫煙をしないことタバコは控える
・初対面で馴れ馴れしい言葉や学生言葉を使わないこと
・相手に何でもかんでも聞くのは失礼
・ パーティーで勝手無口にならないこと
・ 自分のことばかり話をべらべらと話さないこと
・ 相手の付き添いのかたと馴れ馴れしくしないこと
・思想、政治、人種、宗教についてはふれないこと



Aお見合いパーティーでは、男性の参加者の希望が、少数の外見の綺麗・可愛い女性に集中しがち。お見合いパーティーでは、参加者のなかで自分が相対評価されてしまい、落ち込む結果になることも。「そのようなこともある。」とわかったうえで参加しよう。でないとショックが大きくなるかも・・。


〜お見合いパーティーのコツ〜
<writer 名無き仙人>





クス男「僕は、パーティー参加者の周りの同性(男)達と、女性から比較検討されたときに、選ばれる自信がないなぁ。」


クス子「そのパーティー会場にいる周りの同性と、異性から相対評価されて、その結果がつきつけられるわけですものね。「選ばれなかったらどうしよう・・」と考えると、参加するのにも勇気がいるわね。」


仙人「短時間で、自分の魅力を異性にアピールするのが得意な人には良いじゃろうのぅ。一方、「私の魅力は、そんな短時間でわかるものじゃないわ。」という人には、向いていないかもしれぬのぉ。」