婚活は失敗をすべき?   

婚活は失敗をすべき?

■婚活は失敗をすべき?婚活で失敗をするのが良い理由。婚活で失敗した体験談。

婚活は失敗をすべき?


1.人間は失敗からしか学べない
@積極性が大切な理由とは

■婚活を積極的に行うことを良し!とする考え方が一般的だが、いざ婚活を積極的に行おうとすると、どうしても心のブレーキがかかる。

その理由は「女が積極的に出会いの場にいくなんて・・」という考え方のせいではなく、ただ単純に{失敗(恋が上手くいかない)が恐いから}であることも。


婚活で失敗すると、精神的ダメージが大きいし、なにより自尊心が傷つく。
「男性から選ばれなかった私」=「価値のない人間」と考えてしまいがち。
本当はそんなことはないのだが、誰しもどうしてもそのように考えてしまう。
これは男でもそう。

若いうちは、異性が自分の価値を計る物差しとなっている場合が多い。

そのため、潜在意識で傷つくことを恐れ、王子様が自分を迎えにきてくれることを期待し、出会いの場には出ずに、お城で待っている女性も。

このことの問題点は2つある。
1つは、現在の王子様の多くが傷つくことを恐れ、姫に積極的に出会いにいかないため、待っていても、素敵な王子様と出会う確率が低いことと、ただ待っていて、婚活の経験を積まないと、いつまでたっても「素敵な王子様を見抜く目」や「王子様に気に入られる言動」について学べないことである。

「素敵な王子様を見抜く目」や「王子様に気に入られる言動」は、ご存知の通り、自分自身で失敗を通した経験を積まないと身につかない。

確かに女性の場合は、特に見た目は重要だが、恋愛・婚活の経験のなかから身につけた「王子様に気に入られる言動」も重要だ。



A恋愛・婚活で失敗を恐れない
■失敗もせずにいきなり大成功を収めることができる分野などない。
つまり、婚活・結婚で成功するためには失敗は避けて通れない。

失敗からたくさん学べる。失敗をどんどんして、たくさん学ぼう。そうすることで、「男性が喜ぶ言動とは?」「タブーとは?」「自分に合った男性とは?」といったことがわかってき始める。

「そんな失敗をしてる暇なんてないの。傷つきたくないし、今度の相手を最後の人にしたい!」という気持ちは当然だ。

しかし、失敗する覚悟をもっていないと、過度に慎重になりすぎたり、積極性にかけてしまいがち。
また、男性の気持ちはコントロールできないため、自分が「最後の人にしたい!」と思っていても、男性次第では、上手くいかないことも当然起こりうる。

「失敗しても、また次にいかせばいいや♪」という考え方が、婚活で成功するための考え方。恋は相対評価のため、精神状態が良好であれば、素敵な人は無限に現れ続けます。







B婚活は失敗をすべき?まとめ
■婚活ではどんどん失敗して、失敗から多くを学び、その失敗を重ねる過程において素敵な人と出会うつもりで挑もう。

失敗を自分自身に許してあげないと、婚活の出会いの場に参加することができなくなる。婚活は相手次第の部分が大きいため、自分が頑張っても上手くいかないこともある。

「失敗もしょうがないかぁ〜。」というある種の緩い感じは、男性からも‘癒しの雰囲気’と捉えられてプラス評価。


〜婚活は失敗すべき?恋愛・婚活講座〜
<writer 名無き仙人>





クス男「婚活は失敗すべき?・・かぁ。」


クス子「上手くいかないことがあっても前向きにとらえていけるといいわね。」


仙「成功というパズルがあるとするじゃろ?その成功というパズルを形成しているピースには{失敗}と書かれたピースも、存在するのかもしれぬのぉ。つまり、失敗ピースも扱わなければ、成功パズルは完成しないのかもしれぬのぉ。失敗したら失敗から学びつつ・・恋愛が上手くいくといいのぉ。」