20・30代独身女性/恋愛のコツ   

20・30代独身女性/恋愛のコツ

■イイ男と惹かれ合うイイ女になるには「繁栄原則」がポイント。20・30代独身女性/恋愛・婚活・結婚のコツ。

20・30代独身女性/恋愛のコツ


1.20・30代独身女性/恋愛のコツ
@似た者同士が惹かれ合う

彼氏・男性に甘えたい/男女の心理(自立と依存/人間間のパワーバランス)のとおり、人間関係では、どちらか一方の自立傾向が強いと、もう一方は、依存傾向が引き出されたりもするようです。

だからでしょうか。
彼氏の自立傾向が強いと、彼女は依存傾向が引き出され、その結果「彼氏に依存してしまう。」と悩むことになる女性もいるようですし・・「彼女が重い」と、‘俺’に対して依存してくる彼女に悩むことになる男性もいるようです。

また、人間関係では、どちらか一方がポジティブ傾向が強いと、もう一方は、ネガティブ傾向が引き出されたりもするようです。

だからでしょうか。
彼氏のポジティブ傾向が強いと、彼女はネガティブ傾向が引き出されることになり、その結果「私って、マイナス思考だから。」と悩むことになる女性もいるようですし・・「彼女がマイナス思考で、困るな。」と悩むことになる男性もいるようです。


このようなことは、人間関係のパワーバランス/力学によって、引き起こされる現象のようです。

そのため、パっと見では、異なる性格の男女が惹かれ合い、付き合うことになっているように見える場合もありそうです。
が、本質的には・・「似た者同士が引かれ合う【引き寄せの法則】」の影響から、、、心の傾向が似た者同士が、惹かれ合い付き合うことになるようなのです。

それは例えば、過剰なほど自己中の女性は、同じく、自己中な男性と惹かれ合い付き合うことになり、「相手の幸せを願う心」をもった女性は、同じく、「相手の幸せを願う心」をもった男性と、惹かれ合い付き合うことになる・・などのことです。

そのため、性格のイイ男性と惹かれ合い付き合うようになるには、自分自身が性格のイイ女になる・・具体的には繁栄的な原則「正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/他者の幸せを願う心」に沿って、生きている必要がありそうです。

では、繁栄原則について、詳しく見ていきましょう。



A20・30代独身女性/恋愛・婚活・結婚のコツ
■恋愛や婚活、結婚にも絡めながら、繁栄的な原則「正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/他者の幸せを願う心」について、1つづつ、見ていきます。


@正直
→嘘をつけば、1時的にはメリットがあることも、ありそうです。
しかし、目先のメリットのために嘘をつく「生き方」をしていると、同じく、目先のメリットのために嘘をつくような男性と、惹かれ合うことにも、なるのかもしれません。

嘘をつかず、嘘とは無縁な、正直な世界にて生きていれば、嘘をついて女性を騙し・・のような男性とは、すぅ〜とすれ違うことになり、「嘘つき男性と関係をもち、嫌な思いをした」などの経験をする機会/確率も減りそうです。


A誠実
→「自分のメリットのために、異性を利用する」など不誠実な生き方をしていると、異性を利己的な目的のために利用しようとするからこそ、{異性のコントロール}を試みることになりそうです。

そのような生き方をしていると、同じく、利己的な目的より{異性のコントロール}を試みる男性と惹かれ合うことになり・・・互いに相手を、利己的な目的のために操ろうとし合う関係となるのかもしれません。

「あ〜した方が、良いんじゃない?」など、相手を、利己的な目的で利用したいばかりに誘導しようとしたり、相手をコントロールしたいがために怒ってみたり、悲しんでいるフリをしてみたり・・そんな、互いに相手を、利己的な目的のために操ろうとし合う関係となるのかもしれません。

一方、不誠実とは無縁な、誠実の世界で生きていれば、同じく、「約束を守る」「人によって態度を変えない」「他者のコントロールを試みない」など、誠実な性格的傾向をもつ男性と惹かれ合うことになりそうです。


B感謝
→私達はついつい、感謝の心を忘れると、その反動か?愚痴や不平不満が多くなるようです。

感謝の心をもたず、愚痴や不平不満ばかりを言っていると、同じく、感謝の心がない、愚痴や不平不満ばかりを言っている男性と惹かれ合うことになるのかもしれません。
そうなれば、互いに愚痴や不平不満ばかりをぶつけ合う、喧嘩の多いカップルとなるのかもしれません。

一方。
何事にも感謝する、感謝の心を大切にして生きていれば、同じく、感謝の心を大切にして生きている男性と、不思議と惹かれ合うことになるようです。
そうなれば、互いに「君のお陰で幸せだよ。ありがとう。」「ううん、私も、貴方のお陰で幸せ。ありがとう。」と、感謝し合う幸せの多いカップルとなりそうです。


C奉仕
→私達は奉仕の心を忘れると、ついつい、「自分は嫌なことをしたくなけど、相手には、嫌なことであっても、私のために頑張って欲しい。」と思い始めるようです。

例えば、トイレ掃除。
トイレ掃除をすれば、自分の手が汚れそうです。
奉仕の心を忘れていれば、自分の手を汚したくないからこそ、トイレ掃除を敬遠しそうです。
でも、トイレは綺麗に使いたいから、誰かに、トイレ掃除をするよう誘導したりも、しそうです。

これが恋愛の場合。
恋人や異性が望んでくることは「自分の手を汚したくないから。メンドウだから。」と嫌がり、でも、相手には、いろいろと望むことになりそうです。

恋愛とは、おもしろいもので・・。
不思議と、奉仕の心を、ついつい忘れてしまっている男女が惹かれ合うことになり、「私のために、頑張ってよ。」「いいや、君こそ、俺のためにソレをしてよ!」と、自分は相手に奉仕しないのに、相手には奉仕を求め合い、だからこそ言い争いとなるカップルと、なることもあるようです。


そして、奉仕の心がある人・・たとえ自分の手が汚れるようなことでも、メンドウなことでも、他者の幸せのために、進んで奉仕する男女は、だからこそ異性からモテることになり、、、似た者同士が惹かれ合うことにもなるため、奉仕の心をもっている男女が付き合い、互いに、相手の幸せのために奉仕し合うカップルとなるようです。


D謙虚
→謙虚さを忘れると傲慢な態度ともなり、「恋人は、私のお陰で幸せになっている。だから私に、もっと奉仕しなさいよ。私にもっと、感謝すべきでしょ。」とも、思い始めることもあるようです。
すると相手に不満をもち始め、不公平だ!という思いから、相手により多くを求めることになり・・しかし相手からは、見返りが返ってこないため、あえて嫌がらせをしたり、、、とも、なる場合もありそうです。

そして、心の傾向が似た者同士が惹かれ合うため、謙虚の心を忘れた男女が惹かれ合い、付き合い、交際後に「貴方は、私のお陰で幸せになっている。だから私に、もっと奉仕しなさいよ。私にもっと、感謝すべきでしょ。」「いいや、君こそ、俺のお陰で幸せを得てるだろ。俺のお陰なんだよ。もっと俺に、感謝しろよ。」と、なるのかもしれません。

一方、謙虚の心を忘れずにいれば・・「恋人のお陰で、今の私はある。お陰様・・だよね。」となり、逆に恋人に感謝することにも、なりそうです。
すると、謙虚の心や、感謝の心をもった異性と惹かれ合い、感謝し合うカップルとも、なりそうです。


E他者の幸せを願う心
→私達は、自分が幸せでないと、他者の幸せを心から願い続けることが、難しいようです。
だからでしょうか。
自分が幸せでない場合は、異性や恋人が幸せそうだと腹だたしさすら覚え、異性や恋人に、無意識のうちに嫌がらせすら、してしまうこともあるようです。
そのような「生き方」をしていると、他者から嫌われるため、幸せな恋愛や結婚は難しそうです。

一方、自分が幸せでいることで、周りの人に、{幸せ/笑顔/思いやり/感謝}等のおっそわけをしていく「生き方」をしていると、同じく、幸せに生きていて、だからこそ、周りの人に{幸せ/笑顔/思いやり/感謝}等を振りまいている男性と惹かれ合い、互いに幸せを与え合い、互いの幸せを願い合う、素敵なカップルとも、なりそうです。

そのような意味でも、まずは心の仙人/仙女修行などをとおして、「自分が幸せになること!」「いつでも幸せでいれる自分創りをすること」・・そのことが、大切なのかもしれません。

1人でいようと、恋人といようと、いつでも幸せでいれる自分となり、自分が幸せでいることで、周りの人に{幸せ/笑顔/思いやり/感謝}等のおっそわけをしていく「生き方」をしていると、{幸せとは、恋人から貰うもの}では、なくなっていくことでしょう。
幸せとは、恋人含め、自分の周りにいて下さる方に、与えていくもの・・と、なっていくことでしょう。

そして人は、法則により、与えた分だけを受け取ることになるため、幸せを与えるからこそ、幸せを受け取ることになり・・幸せな人生に、感謝することになるでしょう。







Bまとめ 〜20・30代独身女性/恋愛・婚活・結婚のコツ〜
■「どんな異性に惹かれていくか?」や「出会う場所/タイミング」などは、私達の表面的な意識では、コントロールすることが難しいようです。

私見ですが、「どんな異性に惹かれていくか?」や「出会う場所/タイミング」などは、全ては法則のもと、必然的に決まっていっている・・自身の経験や、周りを見渡していると、そのようにも感じることがあります。


「素敵な異性と出会えるかどうか?」は、意図的なコントロールが難しいようです。
頑張って出会いの場に出ていっても、素敵な異性と出会えなかったり、素敵な異性がいても、すぅ〜とすれ違うばかりだったり、なぜかタイミングや状況が悪く、親しくなれなかったり・・とも、なる場合もあるようです。

が、自分自身が素敵な人間となれば、法則の元に、自然と素敵な異性と惹かれ合い出会うことにも、なるようなのです。

・・素敵な異性と惹かれ合う自分になっていけるよう、楽しみつつもコツコツと、心の仙人/仙女修行の方も、精進していきたいものですよね。


〜20・30代独身女性/恋愛・婚活・結婚のコツ〜
<writer 名無き仙人>





クス男「20・30代独身女性/恋愛・婚活・結婚のコツかぁ。」


クス子「恋愛や婚活が上手くいくといいわね〜。」


仙「自分が変われば、出会うことになる異性も、惹かれ合うことになる異性も、自然と変わっていくことに、なるようじゃのぉ。法則の影響じゃろうのぉ。」