健康的に痩せる方法    

健康的に痩せる方法

■潜在意識と菜食の勧め。健康的に痩せるには?方法とは?健康的に綺麗に痩せたい!恋愛・婚活講座。

健康的に痩せる方法


1.健康的に痩せる方法
@健康的に痩せたい!

■「ダイエットをしたい。でも、無理せず健康的に痩せたい!」というのは、皆の願いですよね。
今回の記事では、{心のもち方}と{生活習慣}を中心に、健康的に痩せる方法を見てみようと思います。

まず、{心のもち方}から。
物事が現実化される仕組みというのは、
潜在意識レベルで、実現可能!と思えていることは現実化され、実現不可能と思っていることは現実化されないという仕組みになっているようなのです。

ポイントは、自分でも普段は意識できない「潜在意識レベルで」という部分のようです。
自分でも普段から意識できる「表面意識で」ではないわけですね。

そのため、当人が、自分でも普段は意識できない潜在意識レベルで、「人間or私は、普通に生活していると太る!」と思っていると、普通に生活しているだけなのに、太ることにもなるのかもしれません。
潜在意識レベルで、{普通に生活していると太る・・は実現可能}と思っているため、それが現実化されてしまうのかもしれません。。

一方、当人が、自分でも普段は意識できない潜在意識レベルで、「普通に生活していて、太るわけないでしょ?なんで普通の生活をしているのに、太るわけ?ありえないでしょ。」と思っていると、普通に生活していると太ることは、なさそうです。
潜在意識レベルで、{普通に生活していて太ることは実現不可能}と思っているため、太ることが現実化されないのですね。


さて、私達は、普通に生活をしていると、太るものなのでしょうか?
人間という生き物は、普通に生活をしていると、太る生き物なのでしょうか?

それとも、人間という生き物は、普通に生活をしているのに、それでいて太るなんてことは不可能な生き物なのでしょうか?

この質問の答えは、同じ日本人でも、人それぞれで異なるようです。
ある人は潜在意識レベルで「人間or私は、普通に生活していると太る!」と、勝手に思い込んでいるのかもしれません。
また、ある人は潜在意識レベルで「普通に生活していて、太るわけないでしょ?なんで普通の生活をしているのに、太るわけ?ありえないでしょ。」と、勝手に思い込んでいるようです。

両者とも、ともに勝手に思い込んでいるわけですが、どちらの思い込みが正しくて、どちらの思い込みが勘違いなのでしょうか?

正解は、「どちらの思い込みも、正しくもあり勘違いでもある」となりそうです。
この現実世界のルールとしては、{どちらの思い込みが正しいか?}なんてことは、どうでも良いのかもしれません。
そんなことより、ただただ、この現実世界では
潜在意識レベルで、実現可能!と思えていることは現実化され、実現不可能と思っていることは現実化されないというルールが採用されているようなのです。

ですから勝手に「人間or私は、普通に生活していると太る!」と思い込んでいる場合は、ルールが適応された結果、普通に生活していると太ることになるのかもしれません。
一方、勝手に「普通に生活していて、太るわけないでしょ?」と思い込んでいる人は、ルールが適応された結果、普通に生活していると太ることにはならないでしょう。

これらは、体質の問題ではないのかもしれません。
思い込みの問題・・と言えそうです。

「私の家系は太る体質だから・・(私は、普通に生活していると太る!)」と、勝手に思い込んでいる場合、ルールが適応された結果、普通に生活していると太ることにも、なるのかもしれません。

体質の影響は、あまりないのかもしれません。
だからこそ、江戸時代や戦前などは、太っている人が少なかったのかもしれません。
体質が太ることの原因であれば、江戸時代や戦前などにも、太っている人が多くいるでしょうから。


昔に比べ太った人が増えた理由の1つは、「{生活習慣}が変わったこと」でもあるようです。
そしてまた、生活習慣が原因で太る人が増えたからこそ、
「私の家系は太る体質だから・・(私は、普通に生活していると太る!)」
「人間は、普通に生活していると太る!」
と、勝手に思い込むようになった、信じ込むようになった人も増えたのかもしれません。
その思い込みが原因で、太ってしまっており、なかなか痩せられずにいる場合もありそうです。

戦前のインドでは、太っている僧侶が、皆から人気だったそうです。
その理由の1つは、戦前のインドでは、普通に生活していて太ることなど、とても出来なかったからのようです。
むしろ、普通に生活をしていると痩せている状態になるため、痩せていることにコンプレックスを感じている女性がたくさんいたそうです。
ですから皆は、「あ〜、あの僧侶様は太っていて、良いなぁ〜。」と羨ましがったそうです。


まとめると・・・人間は、「普通に生活していて、太るわけないでしょ?」と思い込んでいて普通の生活をしていれば、太ることはなさそうです。
結果、普通の生活をしていれば普通に標準体型になっていくことになりそうです。健康的に、です。

そのような意味では、まずは自分の思い込みを変えてしまうことも、大切となりそうですよね。
そして、その後は{生活習慣}を普通にしていくことも大切となりそうです。



A痩せる生活習慣〜健康的に痩せる方法〜
■生活習慣を普通なものにしていくと、自然と痩せていきますよね。
人間は本来、果物や野菜などを中心に食べてきた生き物であり、肉食動物ではないようなのです。
肉食動物ならば、もっと腸は短いはずですし、歯だって鋭いはずですし、爪だって強烈なものになっているハズです。
また、動物を見れば「美味しそうだ」と思うはずです。
しかし動物園に行って動物を見ていて「美味しそうだ」とは思いませんよね。
つまり肉食動物ではない私達なのですから、本来の普通の姿である、果物や野菜中心の食生活をしていきたいものですよね。

また、人間は本来、日中は果物を探したり、火の元となる木を集めたりと、歩き回っていたようです。
ですから、毎日の生活の中に運動も取り入れていきたいものですよね。

「果物や野菜中心の食生活をとりながら、運動をする」という、普通の当たり前の生活をしていれば、普通の当たり前の標準体型へと、健康的に痩せていくことになりそうです。

と、言いましても、実際は実行が難しいですよね。
ついつい、甘いものを食べてしまったり、暴食をしてしまったりもしますよね。

それは、日々の生活のなかでストレスを溜めているから・・かもしれません。

人間という生き物は、心がストレスで破壊されてしまわないように、ストレスである不快が溜まってくると、バランスをとるために、無意識的に快を求める傾向にあるようです。
そして‘快’を求めた場合、肉体的な欲を満たそうとする場合が多いですよね。

ですから、ストレスが溜まっていたり、心が満たされていなかったりする人の中には、ベットの上で、恋人とのフンフンを、過剰に求めてしまう場合もあるようです。
恋人とのフンフンは、欲が満たされる快行動の1つでもあるため、ストレスが溜まっていたり、心が満たされていなかったりする場合は、フンフンにより快と不快のバランスをとろうとするわけです。

そして、女性の場合は、ストレスが溜まっていたり、心が満たされていなかったりすると、食欲を満たすことで、快を得て、不快と快のバランスを取ろうとするケースもありますよね。
チョコレートだったりお菓子だったり、美味しいものを食べると、無条件で快を感じることになるため、ストレスが溜まっている人ほど{快と不快のバランス}をとろうと、ついつい快をもとめ、ダイエット期間中でも美味しいものを食べようとしてしまうようです。

だからこそ、逆を言えば・・
ストレスがなく、心が満たされていれば、{快と不快のバランス}をとるために、わざわざ‘快’を求める必要もなく、自然と、美味しいものを食べようとする機会が減ることになりそうです。
職場の人間関係のストレスから、毎日仕事終わりに、お菓子を食べてしまっていた人が、転職により、ストレスの少ない職場に行くと、毎日のお菓子を食べる習慣がやむ場合もあるようです。
それは、ストレスがなくなり、わざわざ‘快’を求める必要もなくなったため、自然と、美味しいものを食べようとする機会が減ったからでしょう。


「私、ついつい美味しいものに手が伸びてしまうの・・。」と悩んでいる女性のなかには、食欲に負けているから、そうなっているのではなく・・
単に、日々の生活の中で溜まるストレスや、満たされない心を満たしたいがために、ついつい美味しいものに手が伸びてしまっているだけだったりもするようです。

そのため、心の仙人/仙女修行をつうじて、ストレスが溜まりにくい・ストレスを感じにくい{心のあり方}となり、己の心のコントロールにて心が満たされるようになっていくと・・今までのように、過剰なほど、肉体的な快楽を求める必要がなくなり、自然と、普通の当たり前の標準体型へと、健康的に痩せていくこともあるようです。






Bまとめ〜健康的に痩せる方法〜
■私達は、美味しいものを食べたいから、美味しいものを食べているのではなく・・・「ストレスが溜まっているから」「心が満たされていないから」という理由から、{快と不快のバランス}をとるために、美味しいものを食べようとしている場合もあるようです。


さて、そもそも・・・「美味しいかどうか?」は、テーブルに並ぶ料理が決めることでは、ないようなのです。

「美味しいかどうか?」はテーブルに並んだステーキや、パスタや、ケーキが決めることでは、ないようなのです。

「美味しいかどうか?」は、いつも己の心が決めているようです。
だからこそ、同じケーキを食べても、「とても美味しい!」と感じるときと、「まあ、美味しいかな。」と感じるときがあるのですね。
心が、「美味しいかどうか?」を決めているからでしょう。

心の仙人/仙女修行をつうじて、心のコントロール力を身につけ、どんな食事であろうと感謝し美味しく頂き・・心が十分に満たされた、ストレスのない幸せな人生を歩んでいけるようになると素敵ですよね。


〜健康的に痩せる方法/恋愛・婚活講座〜
<writer 名無き仙人>





クス男「僕は、草食系だからなぁ。」


クス子「クス男さんは、草食系ダックスフンド男子だものね。」


仙人「心のコントロール力を身につけ、健康的に痩せていけると良いのぉ。」


関連婚活効果的ダイエット(お勧めダイエット教材)
恋愛運アップ方法(素敵な男性を引き寄せる女になる!)
追いかける恋愛/逃げる男(追うと逃げられる/人間関係の力学)
彼氏・男性に甘えたい/男女の心理(自立と依存/人間間のパワーバランス)
大切にされる女性の条件(繁栄原則に根ざした男性と付き合う)