愛と彼氏が欲しい!愛され上手な女性の特徴  

愛と彼氏が欲しい!愛され上手な女性の特徴

■愛され上手になりたい!愛され上手な女性の条件と特徴とは?彼氏を愛したい/彼氏から愛されたい。恋愛/婚活講座。

愛と彼氏が欲しい!愛され上手な女性の特徴


1.愛と彼氏が欲しい!愛され上手な女性の特徴
@愛され上手な女性になるには?

■女性ならば誰しも「愛と彼氏が欲しい!」「大好きな彼氏から愛され続けたい!」と願うものですよね。

今回の記事では、大好きな彼氏含め、男性/女性問わず、みんなから「愛される秘訣/愛され続ける秘訣」や、「愛に包まれた人生を生きる方法」などを、見てみたいと思います。



A愛され上手になる方法〜愛と彼氏が欲しい!愛され上手な女性の特徴〜
■恋愛や婚活、または恋愛や婚活以外の場面でも、みんなから愛される{愛され上手な女性}となり、愛に溢れた、愛に包まれた幸せな人生を生きていくためには、以下の3点も大切となるのかもしれません。


@愛は感情 〜愛と彼氏が欲しい!愛され上手な女性の特徴〜
→冷蔵庫の中に、チョコレートが5つあるとします。
この場合、友達や、大好きな彼氏に、冷蔵庫の中にあるチョコレートを与えていけば、チョコレートはなくなってしまいチョコレートが欠乏する・・こともあるかもしれません。
チョコレートは、モノ(食べもの)だからでしょう。

しかし、愛とは、チョコレートと違いモノ(食べもの)ではなく感情の1種類でもあるため、愛を他者に与えても、自分の中から愛が減ってしまい愛が欠乏する・・ということは、ないようなのです。
そのため、自分の心の中にある愛を、友達や、大好きな彼氏に、惜しみなく与えていっても、愛は、なくならないようなのです。


★愛と彼氏が欲しい!愛され上手な女性の特徴★
〜愛は感情の1種類であるため、愛を他者に惜しみなく与えても減らない〜


例えば、{感謝の気持ち}も感情であるため、1日に5回、「ありがとう!」と感謝をしようが、1日に100回、「ありがとう!」と感謝をしようが、自分の中から感謝がなくなってしまい「もうこれ以上、感謝をすることができません」となることは、ないようなのです。

それと同じく。
愛も感情であるため、1日に5回、他者への愛を示そうが、1日に100回、他者への愛の気持ちから奉仕したり尽くしたり、笑顔になって心配りをしたり・・としようと、自分の中から愛がなくなってしまい「もうこれ以上、愛を与えることができません」となることは、ないようなのです。

感情は、尽きようがないのですね。


「1日に何度も感謝を表現していたら、そのうち上限に達し限界がきて、その日はそれ以上、感謝を表現できないし「ありがとう!」とも言えない!」と感じる場合があれば、それは、そういう思い込みをもっているから、そう感じてしまっているだけ・・でもあるのかもしれません。
{感謝}は感情であり、感情は尽きようがないから。

それと同じく。
「1日に何度も愛を表現していたら、そのうち上限に達し限界がきて、その日はそれ以上、愛を表現できないし、愛を与えることができない」と感じる場合があれば、それは、そういう思い込みをもっているから、そう感じてしまっているだけ・・でもあるのかもしれません。
{愛}は感情であり、愛は尽きようがないから。

もちろん、肉体的、もしくは精神的にとても疲れていて、愛を表現するにも、疲れていて出来ない日も、あるかもしれません。
しかし、それは「疲れているから」であり、「愛を与えすぎると自分の中にある愛が尽きてしまうから」では、ないのかもしれません。

愛や感謝は、感情であるため、惜しみなく表現したり与えたりしても、減らない・・ものなのかもしれません。


A愛を与える 〜愛と彼氏が欲しい!愛され上手な女性の特徴〜
→感謝は感情であり減らない、尽きない、のであるならば。

感謝を出し惜しみする必要は、ないのかもしれません。

1日に、10回でも、100回でも、出し惜しみすることなく、周りの人達や、大好きな彼氏に対して「ありがとう!」と感謝の気持ちを表現し、周りの人達や、大好きな彼氏に感謝を与えても、大丈夫なのかもしれません。

それと同じく。
愛は感情であり減らない、尽きない、のであるならば。

私達の心の中にある愛(愛の気持ち)を、出し惜しみする必要は、ないのかもしれません。

1日に、10回でも、100回でも、出し惜しみすることなく、周りの人達や、大好きな彼氏に対して愛の気持ちを表現し、周りの人達や、大好きな彼氏に愛を与えても、大丈夫なのかもしれません。

1日に10回でも100回でも、他者への愛の気持ちから、奉仕したり尽くしたり、笑顔になって心配りをしたり・・愛する他者の幸せを心から願ったり、、、としても、大丈夫なのかもしれません。

私達の心の中にある愛(愛の気持ち)を出し惜しみすることなく前面に出して、全ての他者を、またこの世界の全てを、慈しみ深い目で見、思いやりをもって大切にし、愛してあげても大丈夫なのかもしれません。そう行動しても、私達の心の中にある‘愛’という感情は、減らないのかもしれません。
※慈しむ→愛情をもって大切にすること。



私達は心の中に愛をもっていて。
私達は、ついつい、自分自身にばかり囚われてしまうところがあるから。

「自分が愛されたい!自分が愛され幸せになりたい!自分が自分が自分が自分が!」と、自分に囚われ、自分にだけ、自分の中にある愛を向けてしまいがち・・・なのだけど。

本当は私達は、「自分が愛されたい!」と強く願うと同時に、「他者のことを、この世界の全てを、愛してあげたい!(全ての他者が、この世界の全てが愛おしい!)」とも、強く思っているのだと思う。

私達はついつい、自分自身にばかり囚われてしまうところがあるため、自分の中にある大いなる愛を、周りの他者達へと広げていくのを忘れ・・・自分にだけ愛を向けがちなのだけれども。
本当は、私達は、「他者のことを、この世界の全てを、愛したい!(全ての他者は自分の大切な‘仲間’であり、全ての他人に幸せになってもらいたい!)」とも、強く願っているのだと思う。


だからもう、これからは。
ついつい、自分にだけ向けられがちな愛を、全ての他者に対して、広げていってあげても、良いのかもしれない。

自分のことを愛おしく思い、(なんだかんだ言いながらも)自分のことを大切にしているのと同じように。
今後は、他人に対しても愛を広げることで、他者のことを(自分のことのように)愛おしく思い、他者のことを(自分のことのように)大切にしていって、良いのかもしれない。

本当は私達は「自分が愛されたい!」というよりも。
自分にだけ向けられがちな愛を、周りの他者や、動物や、自然へと、広げていきたいのだと思う。

周りの他者や、動物や、自然のことを、自分自身のことのように愛し、大切にしていきたいのだと思う。

その「他者を愛したい!自分にだけ向けられがちな愛を周りに広げていきたい!」という欲求を、自我意識によってフタをし、自分ばかりを愛し続けているから、時に愛されることがあったとしても、どこか満たされないモンモンとした気持ちを抱え込むことになり、満たされないからもっと「愛されたい!」とも思い始め・・・混乱の悪循環に陥ってしまっているのかもしれない。
※自我意識とは、周囲と区別された自分についての意識。


★愛と彼氏が欲しい!愛され上手な女性の特徴★
〜私達は本当は、自分にだけ向けられがちな愛を周りに広げていきたい!〜


「自分が愛されたい!」というよりも。
自分にだけ向けられがちな愛を、周りの他者や、動物や、自然へと、広げていきたいのかもしれません。
それが、最も根底にある欲求で、その欲求が自我意識によって表現できずにいるから、愛の感情に満たされない気持ちになっているのかもしれません。

つまり、愛の感情に満たされない気持ちになっているのは「愛されていないから」ではなく、「周りを愛していないから(自分にだけ向けられがちな愛を周りに広げていきたい!という欲求が満たされていないから)」、なのかもしれません。


★愛と彼氏が欲しい!愛され上手な女性の特徴★
〜愛の感情に満たされない気持ちになっているのは「愛されていないから」ではなく、「周りを愛していないから(自分にだけ向けられがちな愛を周りに広げていきたい!という欲求が満たされていないから)」〜


全ての他者を、愛そう!
愛を、他者へと広げていこう♪
そうすればきっと、愛の感情に満たされた気持ちになれるから。

私達は、自分の中にある愛が、他者へと広がっていった時に、心の奥底で愛に関する満足感を感じることになるのだと思う。
私達の根本/根底にある欲求は「自分が愛されたい!」というよりも、「自分にだけ向けられがちな愛を周りに広げていきたい!」という欲求だから。


そして、「他者を信頼しなければ、他者からも信頼されない・・・一方で、他者のことを信頼すれば、他者からも信頼してもらえる!」のと同じく。

私達は他者を愛さなければ、他者からも愛してもらえず・・・一方で、他者のことを愛すれば、他者からも愛してもらえる!ことになるため、「自分にだけ向けられがちな愛を周りに広げていきたい!」という欲求を開放してあげて、

私達の心の中に愛を、他者へと惜しみなく広げ、他者のことを愛すれば・・・私達は他者からも愛されることになり、だからこそ愛に満ち溢れた日々を人生を、経験していくことになるのかもしれない。


★愛と彼氏が欲しい!愛され上手な女性の特徴★
〜他者のことを愛すれば、他者からも愛されることになる〜


愛は感情であり減らない、尽きない、のであるならば。
また、私達が望んでいることが「自分にだけ向けられがちな愛を周りに広げていきたい!」であるならば。

惜しみなく、全ての他者に対して、愛を与え続けていけば、良いのかもしれません。
すると、全ての他者から、たくさんの愛が、返ってくることでしょう。

それは、ときに、他者から返ってくる愛を受け取ることに対して、「私なんかが、こんなにたくさんの愛を受け取って良いのかな?」と思ってしまうくらい、たくさんの愛が、返ってくることでしょう。


<私なんかが、こんなにたくさんの愛を受け取って良いのかな?>
そう感じてしまうせいで、私達は、愛に満ち溢れたこの世界の中で、愛を受け取ることができずいる場合も、あるのかもしれません。


B愛を受け取る〜愛と彼氏が欲しい!愛され上手な女性の特徴〜
→「でも、私なんかが、こんなにたくさんの愛を受け取って良いのかな?」
そう、深層心理レベルでブレーキがかかると、

本当は、愛に満ち溢れた世界なのに・・

愛に満ち溢れた世界の中で、愛を受け取ることができず・・

そのため個人的な世界観としては、愛が不足している、殺伐とした世界であるよう感じてしまうことも、あるのかもしれません。


人生で与えられる幸運や、幸せや、愛を、素直に受け取るのも、難しさがあったりもしますよね。


そして、深層心理レベルでかかっているブレーキ「私なんかが、愛を受け取って良いのかな?」を外すためには、惜しみなく他者に愛を与えることも、必要なのかもしれません。

愛を惜しみなく他者へと与える生活を続けていれば、「他者へ愛を与え続けている私は、他者から愛を受け取るに値する人間だ」と思い始めることに、繋がるようだからです。


★愛と彼氏が欲しい!愛され上手な女性の特徴★
〜遠慮せずに愛を受け取るコツ → 愛を惜しみなく他者へと与える生活を続けていくこと〜


全ての人に対して、愛を与えること。
愛されたい!と願う特定の異性だけに対して、愛を与え、奉仕し、尽くすのではなく、全ての人に愛を与えること。

愛されたい!と願う特定の異性(彼氏)だけに対して、愛を与える行為の裏には、「愛することで、尽くしてあげることで、彼から愛されたい!」という、見返りを求める深層心理があるから・・・

つまり、愛されたい!と願う特定の異性(彼氏)にだけ、愛を与える行為は、{見返りを求めた愛の行為}であり、{見返りを求める愛}では、結局のところ、可愛くて愛おしいのは相手ではなく自分自身であって、それでは、「自分が愛されたい!自分が自分が自分が自分が!」と、自分にだけ愛を向けるのと変わらないから・・・


全ての人に対して、愛を与えること。
愛されたい!と願う特定の異性だけに対して、愛を与え、奉仕し、尽くすのではなく、全ての人に愛を与えること。
見返りを求めて、、、ではなく、ただ他人のことを{他者は大切な仲間なんだ!}と認識し愛し、全ての人に対して、惜しみなく純粋な愛を与え、全ての他者に対して愛深く接すること。


そうすることによって、私達は、心の深い部分で満足感を得ることができ、また、{他者のことを無条件に愛するから、他者からも見返りを求められることなく無条件に愛される♪}という好循環に入っていくことになるのかもしれません。

そうすることで、私達は、遠慮することなく他者から返ってくる愛を素直に受け取ることが出来るようになり、また、【本当の意味で愛深い素敵な雰囲気の女性】となっていくのかもしれません。

そして、皆を愛して、皆のことを大切にするから、皆からも愛され大切にされている【本当の意味で愛深い素敵な雰囲気の女性】を見て、男性達は「あの女性、皆から愛されていて、幸せそうで・・素敵だよな〜。あのような愛深い女性が彼女や妻になってくれたら、俺も幸せになれそうだなぁ。」と意識的もしくは無意識的に感じることになり、【本当の意味で愛深い素敵な雰囲気の女性】に対して男性達はアプローチすることになるのかもしれません。



恋愛や婚活などより、まず、1人の人間としての‘生き方/あり方’の方が大切であり、そして1人の人間としての‘生き方/あり方’が洗練されてくれば、自然と、人間関係の1つである恋愛においても、(以前に比べれば)上手くいき始める・・・

恋愛は、1人の人間(女性)と、1人の人間(男性)による人間関係の物語/ドラマであるため、自分の、1人の人間としての‘生き方/あり方’が洗練されてくれば、恋愛という名の物語も、自然とハッピーストーリーとなっていく・・


愛は、行動によって具現化される価値観でもあるから。

繁栄的な原則{正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心}を大切をしながら、愛する周りの人達のために奉仕/貢献し、相手の幸せを心から願い、相手のために尽くす。

そうすることによって、たくさんの愛が、全ての人達から返ってくることにもなり、私達自身が、救われることになるのかもしれない・・。



B彼氏から愛されたい!〜愛と彼氏が欲しい!愛され上手な女性の特徴〜
■と、偉そうに大変失礼致しました。

破滅的な原則{今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ}に根ざして生きている私は、自分にばかり囚われるせいで、ついつい、自分ばかりを愛してしまい「自分が愛されたい!自分が自分が自分が自分が!」と望み、そのため「見返りを期待して愛を与える」をしてしまい・・

見返りを求めつつ、愛を与えることになり、、、、と悪循環に陥ってしまうことも多く、本当は駄目ダメな自分なのです(ノω・、) ウゥ・・・


<恋愛や婚活の前に、まず、1人の人間としての‘生き方/あり方’が大切!>
恋愛や婚活は、1人の人間(女性)と、1人の人間(男性)との、人間関係の物語となるため、まずは自分自身の、1人の人間としての‘生き方/あり方’が大切だと、個人的には思うようになってきているのです。

そして、彼氏・男性に甘えたい/男女の心理(自立と依存/人間間のパワーバランス)や、追いかける恋愛/逃げる男(追うと逃げられる/人間関係の力学)などにもあるとおり。
人間関係では、バランスの法則も働いているようですし、また{似た者同士が惹かれ合う}という引き寄せの法則も作用しているようですし・・

それらのこともあり、まずは自分自身の、1人の人間としての‘生き方/あり方’が大切だと、思うようになってきているのです。


私達の人生は、恋愛や結婚も含め、私達の<心のあり方>によって作られていく側面も多分にあり、だからこそ、心の仙人/仙女修行を楽しみながらも行うことで、私達は、私達自身によって、私達の人生を、より楽しく幸せなものにしていける!と、私は信じています。

ともに、楽しみながら精進してまいりましょう。

素敵な愛や、喜びや幸せが、たくさん訪れますように♪



〜まとめ 愛と彼氏が欲しい!愛され上手な女性の特徴〜
@愛は感情であるため、ケーキやお菓子などと違い、他者へと与えても減ることはないのかもしれない。
そして、愛が、笑顔などと同じく、他人に与えれば、他者から返ってくるものであれば、私達は愛を出し惜しみすることなく、どんどん他者に与えていけば良いものなのかもしれない。

愛を、出し惜しみなく周りの人達に与えていけば、周りの人達からたくさんの愛が、返ってくるだろう。


A周りの人達(家族、友人、職場の同僚、店員、赤の他人・・)を愛して大切にしていれば、きっと、周りの人達からも愛され大切にされることになる。

そして、周りの人達からも愛され大切にされている{皆に愛され笑顔でいる女性}を見て、男性達は「あの女性は、なんだか素敵だなー。」と魅力を感じることに、なるのかもしれない。

男性達も、自分の気持ちに鈍感なだけで、心の深い部分では皆「愛されたい」とも願っている。
そのため男性達も、惜しみなく他者へと愛を与えている笑顔な女性を見ると、半無意識のうちに「あの女性は、なんだか素敵だなー。」と魅力を感じることに、なるのかもしれない。


B恋愛や婚活は、1人の人間と、1人の人間との、人間関係の物語。
そして人間関係の物語では、{見返りを求めた愛(貴方のことを愛してあげるから、私のことも愛してよね!)}にて構成される物語よりも、{純粋に与えっぱなす愛}で構成される物語の方が、長期的にはハッピーエンドとなりやすいものなのかもしれない。

短期的には。
「貴方のことを愛してあげるから、私のことも愛してよね!」と見返りを求めて、愛を与えた方がお得であるし、要領の良いことに思える場合もあるのかもしれない。

が、長期的には。
{純粋に与えっぱなす愛}が、最後には力を発揮することになるのかもしれない。


「勉強を頑張れば、お前のことを愛してあげよう!」と条件付の愛を与える親は。
子供が大人になったあとに、子供から、敬遠されがちと、なってしまう場合もあるのかもしれない。

条件付の愛を与える親は、子供が大人になると「2世帯住宅を建て、私の老後のメンドウを見てくれるならば、遺産をお前に相続してやっても良いが?」などと、条件付の愛しか与えてくれないからでしょうか。

一方、無条件にて子供に愛を与えてきた親は、子供が大人になったあとに、子供から「私の両親は、こんな私のことを、無条件に20年間も愛し続け、育ててきてくれた!」と感謝され、愛されることになるのかもしれない。


このような{見返りを求める愛}と{純粋に与えっぱなす愛}の話は、男女の恋愛においても、適応されることになる話なのかもしれない。


〜愛と彼氏が欲しい!愛され上手な女性の特徴/恋愛/婚活講座〜
<writer 名無き仙人>





クス男「愛と彼氏が欲しい!愛され上手な女性の特徴かぁ。」


クス子「素敵な恋が訪れるといいわね。」


仙人「楽しい、幸せな恋愛/婚活・・そして人生をおくっていけると良いのぉ。」







関連追いかける恋愛/逃げる男(追うと逃げられる/人間関係の力学)
束縛する彼氏の心理(信頼と人間関係の力学)
彼氏と幸せな関係を築くコツ(ニーズと外見と性格)
彼氏・男性に甘えたい/男女の心理(自立と依存/人間間のパワーバランス)
彼氏と距離を置く/恋愛の距離感(自立と依存のバランス)
彼氏にしたい本当に優しい男性の特徴(繁栄原則と{付き合う前までは優しい男性})
誠実な男性の見抜き方(6つのチェック項目)