素敵な大人の女性になるには   

素敵な大人の女性になるために

■素敵な大人の女性になりたい!【素敵な女性/大人の女】に必要な条件とは?魅力的な女性になるために。恋愛・婚活講座。

素敵な大人の女性になりたい


1.素敵な大人の女性になるには
@9つの条件/バランス感覚
■「素敵な大人の女性になりたい!」と思い、日々、【外見磨き】と【内面磨き】を頑張るわけですが、{素敵な女性}や{大人の女性}になっていくためには、‘バランス感覚’も重要になってきそうです。

では、「素敵な大人の女性」に必要となる9つの条件(バランス感覚)について、見ていきましょう。



A魅力的な女性になりたい!〜素敵な大人の女性になるには〜
■「素敵な大人の女性」に必要となる9つの条件(バランス感覚)は、以下のような事柄になりそうです。


@自立ー依存
→まず「自立と依存」のバランス感覚です。
私達は子供の頃は依存状態であり、思春期の頃から自立を目指し始めます。
その過程で反抗期を向かえ、親に依存している自分が嫌で、時に、{支え合い/お陰様}の心を忘れ、過度・過剰に自立へと傾きすぎてしまう場合もあるようです。

また、「自立した、しっかりした女性にならなきゃ!」という想いが強すぎたのか?
なかには、仕事に頑張りすぎたりと、自立に偏りすぎて{弱さを曝け出し男性にも頼る}などの依存傾向がまったくなくなり、恋愛とは無縁な日々となってしまう場合もあるのかもしれません。

が、自立出来ずに依存状態のままでは、「素敵な大人の女性」とは言えませんよね。

そのため、素敵な大人の女性となっていくためには、「自立と依存」のバランス感覚が必要となってきそうです。
「自立と依存」のバランス感覚をもつためには、{自分の足で立つ強さ}と{‘弱さ’も曝け出し、時に相手を頼りもする、互いに支えあう関係を作れる柔軟性}の、両方を獲得していく必要がありそうです。


もう少し、詳しく見てみます。
自立していない依存傾向の強い女性と付き合うことになった男性心理は、こうです。
「彼女は依存傾向だから、俺が頑張らなきゃ!」

→男性は上記のように思い、だからこそ自立した俺でいようと過度・過剰に頑張ることになり、本当は、男性にだって‘弱さ/甘え’の部分もあり、たまには彼女に甘えたいし頼りたいのに、彼女は‘俺(男性)’に頼り甘えてばかりであるため、‘俺(男性)’からは甘えたり頼ることが出来ず、、、「はぁ〜。もっと彼女が、大人の女になってくれたら良いのに!」と思うことにも、なるのかもしれません。


一方、自立にばかり偏りすぎている女性と付き合うことになった男性心理は、こうです。
「彼女がしっかりしているから、俺は頑張らなくても良いや。彼女に任せよう。」

→男性は上記のように思い、無意識のうちに彼女に頼ることになり、自発性や責任感を失っていき、彼女に甘え依存してばかりと、なる場合もあるのかもしれません。
だからでしょうか。
自立に偏っているキャリアウーマンの彼氏は、彼女以上に自立しているイイ男か、もしくは彼女に甘え依存している世間一般的に言う「駄目男」か、のどちらかである場合も、あるようです。


そして、「自立と依存」のバランスがとれた{素敵な大人の女性}と付き合うと、男性は「彼女のために俺も頑張ろう!」と自発的に思うことが出来、自立すると同時に、辛い時や、誰かに寄り添ってもらいたい‘弱い’時には、自立もしている彼女に対し、安心して頼ることもでき・・この状態は、男にとっては、‘俺(男性)’が男らしく自立出来ており、尚且つ、時には甘えも許されて・・と心地良い状態であるため、「俺は今、イイ女と付き合えているよね。感謝だよ。素敵な大人の女性である彼女を大切にしないとな。」とも考えることになるようです。


ちなみに、私達は対面している相手次第で、自分の中にある「自立傾向」が引き出されたり、「依存傾向」が引き出されたりすることになるようです。
詳しくは彼氏の愛情表現に不満/解決策(人間関係のバランスとお勧め本)を参照して頂きたいのですが、基本的には、対面している相手とは反対側の傾向が、引き出されることになるようです。

だからでしょう。
通常、子供が生まれると、子供は依存傾向がとても強いため、母親である女性は「(子供のために)私が、しっかりしなきゃ!」と自立傾向が引き出され、以前よりは、強いしっかりした‘私(女性)’となっていくようです。

「母親は強い!」と言われますが、依存傾向にある子供のために、女性は自分が自立し強くなっていく・・のかもしれません。


Aポジティブーネガティブ
→次に「ポジティブとネガティブ」のバランス感覚です。

一般的には、ポジティブでいることが良し!とされる傾向があるようですが、ポジティブにばかり偏りすぎると、人の‘痛み’や‘弱さ’に敏感に気がついてあげたり、共感してあげることが、出来なくなったりもするようです。
また、視点も未来にばかり、いきがちになるようです。
そして彼女/妻が、過剰にポジティブであると、そんな彼女/妻と対面した彼氏/夫は、ネガティブ傾向が引き出されてしまう場合もあるようです。

一方、ネガティブ傾向が強すぎると、グチグチと不満ばかりを言い、自分や他者を責め、視点も過去ばかりに、いきがちになるようです。

そして「ポジティブとネガティブ」のバランスをとるよう意識すると、人の‘痛み’や‘弱さ’に寄り添うことも出来つつ、物事をポジティブに捉えることも出来、視点も過去と未来のバランスがとれて‘今、この瞬間’にフォーカスできるように、なるようです。

「ポジティブとネガティブ」のバランスがとれた素敵な大人の女性になっていけると、良いですよね。


B甘えるー甘やかす
→男性心理としては、「彼女から甘えられたい!けど、甘えられすぎるのも困る。また、俺だって時には、甘えたい!」というものであるようです。

そのため、{自分から可愛く甘えるー彼を甘やかす}のバランスがとれている女性ほど、男性から無意識的に「彼女は、素敵な大人の女性だ!」と思われることにもなりそうです。


C追いかけるー逃げる
→男性心理としては、彼女から、まったく連絡も来ないし、追われない・・という状況も不安になって疲れるし、かといって、彼女からばかり、過剰に積極的にこられても、‘俺(男性)’の自発性/積極性が奪われるから困る、、、というものであるようです。

そのため、{彼に追わせるー私からも彼を追ってあげる}のバランスがとれている女性ほど、男性から無意識的に「彼女は、素敵な大人の女性だ!」と思われることにもなりそうです。
詳細は追いかける恋愛/逃げる男(追うと逃げられる/人間関係の力学)にて。


D束縛ー自由
→束縛に関しても、C追いかけるー逃げると同様なようです。
男性心理としては、彼女から、まったく束縛されないのも、それはそれで「普通、女性は好きな男を束縛するだろ?彼女は、俺のこと本当に好きなのか?」と不安になるし、かといって、過剰に束縛されても困る、、、といったものであるようです。
そのため、{束縛してあげる(焼きもちを焼いてあげる)ー自由にしてあげる}のバランスがとれている女性ほど、男性から無意識的に「彼女は、素敵な大人の女性だ!」と思われることにもなりそうです。
詳細は束縛する彼氏の心理にて。


E理解するー理解される
→「大人の女性」の条件として、周りに流されることなく、{自分の意見/自分にとっての幸せ/自分の価値観}を大切にしつつ、と同時に、他者の異なる{意見/幸せ/価値観}も尊重する・・・そういった姿勢も、大切となってきそうです。

「相手から、理解されたい!」と願いつつも、「私の{意見/幸せ/価値観}を尊重されたい!」と思いつつも、まずは相手を理解することに努め、相手の異なる{意見/幸せ/価値観}も尊重する・・・そうすれば、自分のことも、相手から理解してもらえ、自分の{意見/幸せ/価値観}も、相手から尊重してもらえることになりそうです。

{相手を理解するー相手から理解される}のバランス感覚を身につけていることも、「素敵な大人の女性」の条件の1つと言えそうです。


F愛するー愛される
→私達は、「愛されたい!」と望みます。
そして‘愛’は、{愛する}という動詞の結果、生まれるものでもあるため、彼から愛されたいのであれば、自分から彼を愛する必要もありそうです。

しかし、自分からばかり、積極的に彼に愛情表現をしていると、彼は{愛情表現}に関して、まるで、

母親→「今日は学校はどうだった?クラブ活動のサッカーは?」
男の子→「ぅ、ぅん。まあ、普通だよ。」
母親→「来週は、サッカーの試合でしょ?調子はどうなの?」
男の子→「ぅ、ぅん。まあ、普通かな。」

などと、積極的な母親に対する、小さな男の子のように受身的になっていき、彼女に自発的に愛情表現をしなくなる場合もあるのかもしれません。

彼が‘私(女性)’に対して、積極的に愛情表現をしやすい関係性を保ってあげるために、{愛するー愛される}のバランス感覚を身につけておくことも、大切となってきそうです。
詳細は彼氏の愛情表現に不満/解決策(人間関係のバランスとお勧め本)にて。


G短期ー長期
→長期的な繁栄のことを考えず、目先の欲/欲求を満たすことばかり考え、今の満足ばかり追いかけている姿は、「素敵な大人の女性」とは、言いにくい側面もあるのかもしれません。

が、将来のために、今を犠牲にしてばかりでは、それも「素敵な大人の女性」とは言えそうにありません。

{目先の満足}と{長期的な繁栄}のバランス感覚をもっていること。
そのことも、「素敵な大人の女性」の条件の1つとなりそうです。


H可愛いーセクシー
→可愛いだけだと「子供っぽい女性」となってしまいますが、かと言って、女性ならばセクシーにばかり偏るよりも、可愛い‘私(女性)’でいたい!とも思いますよね。

「素敵な大人の女性」としては、{可愛いーセクシー}のバランスがとれている方が理想的でありそうです。

そして「可愛い」は、可愛らしい性格面から滲み出る言動によって作られていく側面があり、「セクシー」は女性らしい体つきによって作られていく側面もありそうです。
だからこそ、「素敵な大人の女性」であり続けるために、ダイエットも大切となってくるのかもしれません。







Bまとめ 〜素敵な大人の女性になるには〜
■仙人道では、バランスをとること・・陰陽のバランスをとることも重視されるようです。

そして仙人道に限らず、どんな事柄にせよ、過度・過剰に偏っている状態/状況よりも、適度にバランスが取れている状態/状況の方が、好ましい場合が多そうです。

〜バランス感覚を身につけていく〜

今を楽しみつつも、長期的な繁栄や幸せのために、同時進行で、心の仙人/仙女修行にも取り組みながら、【外見磨き】だけでなく【心磨き】の方も、バランス良く精進していきたいものですよね。
【外見磨き】と【内面磨き】の両方をバランス良く頑張ることは、恋愛運アップのポイントの1つとなるようです。


〜素敵な大人の女性になるには/恋愛・婚活講座〜
<writer 名無き仙人>





クス男「素敵な大人の女性になるには・・かぁ。」


クス子「素敵な大人の女性になれるといいなぁ。」


仙人「「今を楽しむー将来のために修行を積む」のバランスも上手くとりながら、日々を楽しく生きていけると良いのぉ。」


関連恋愛運アップ方法(イイ男を引き寄せる女になる!)
追いかける恋愛/逃げる男(追うと逃げられる/人間関係の力学)
彼氏と距離を置く/恋愛の距離感(自立と依存のバランス)
彼氏・男性に甘えたい/男女の心理(自立と依存/人間間のパワーバランス)
好きな女性にとる態度(出会い編/メール編/デート編/付き合った後編)
下心/体目的男の特徴(男性の下心を見抜く方法)